街の洋食屋「ミツワグリル」で 大岡川沿いの情緒とトルコライス

mitsuwa.jpg恐らく5年振りであろう、みなとみらい線馬車道駅。 目的地は、駅上すぐの横浜第二合同庁舎。 国土交通省関東運輸局の海上安全環境部船員労働環境・海技資格課なる部局窓口であります。 前回同様、小型一級船舶操縦免許の更新手続きにとやってきたのです。 窓口の女性に書類等一式を提出して、受取書を書いているうちに新しい免許が出来上がってきた。 やっぱり、あっという間の対応にびっくりだ。

合同庁舎を後にして、ちょっと懐かしい弁天通や相生町を通り抜け、 大江橋、桜川橋と辿って、大岡川に架かる都橋を渡ります。

そこから見渡せるのが、ご存じ都橋商店街の雄姿であります。mitsuwa08.jpg mitsuwa07.jpg川の湾曲に沿ってカーブする建物のラインがなんとも素敵。 昼間炎天下の商店街はただただひっそりとしています。

さらにその先へと川の脇の日の出さくら道という小道を往く。 長者橋に出ればもう、日ノ出町駅の駅前。 そこに一軒の街の洋食屋「ミツワグリル」があります。

ショーケースには、「ナポリタン」や「オムライス」、 「お好みフライ」に「エビグラタン」などなどの定番洋食メニューのサンプルが並んでる。mitsuwa02.jpgボードに書かれた「本日ノランチ」の「豚バラ生姜焼き」を横目にしつつ、 店内へとお邪魔します。

開いた古のお品書きから、なんだろうと気になったのが「トルコライス」。mitsuwa04.jpg届いたお皿には、ケチャップライスの上にトンカツが載り、千切りキャベツが添えてある。 付け合わせ定番の所謂”素ナポ”は、見当たらない。 これにはスープじゃなくて、と味噌汁のお椀を追加します。

ウスターソースも下地にあるよな、 しっかりした味付けのケチャップライスと薄手のトンカツとが、 不思議と懐かしくも温かい心持ちにさせてくれたりする。mitsuwa03.jpg改めて、此処での「トルコライス」の由縁を訊ねようと思いつつ、 「ご馳走さま!」っと店を出た。 長崎を起源とするものをはじめ、その発祥や命名の由来には諸説あるらしい。 まぁ、ピラフやスパゲティとサラダ、 そして豚カツとでの一緒盛りのあれこれをそう呼ぶみたいだ。

日ノ出町駅前交叉点近く、 大岡川を渡る長者橋近くに佇む街の洋食屋「ミツワグリル」。mitsuwa05.jpgmitsuwa06.jpg飾り気のない白い壁の色褪せた箱文字たちがいい表情。 紙ナプキンにも三つの輪が重なったシンボルマーク。 どうやら二代目は、彼の「センターグリル」ご出身のようですね。


「ミツワグリル」 横浜市中区日ノ出町1-20 [Map] 045-241-0696
column/03433

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*