市場食堂「さかなや」で 生カキ酢に豪華海鮮丼成程のネタの佳さ

sakanaya.jpgお久し振りに降り立ったのは、 北千住駅西口のペデストリアンデッキ。 勝手知ったるふりをして、 丸井の前を通り、階下へと降りてゆきます。 路地を抜けて、宿場町通りへ。 土日曜は休業の「大はし」の店構えを残念に眺める。 向かいの「バードコート」も同じく、昼どきにはシャッターが降りています。 宿場町通りから左手に住宅地へと折れ入って、 辿り着いたのが市場食堂「さかなや」。 店先には、開店前の行列が出来ていました。 同好の士と落ち合って、行列に混じって暫く。 「さかなや」の入口に暖簾が下がり、続々とその暖簾を払う手が続きます。 奥の座敷へと案内いただきました。

sakanaya01.jpg早速睨むランチのお品書き。 それは、「海鮮丼」に「豪華海鮮丼」「生本マグロ丼」。 そして、刺身の付いた「太刀魚塩焼き定食」と「特大のどぐろ煮付け定食」という5本立て。

基本形の「海鮮丼」か、王道の「生本マグロ丼」か。 時季の太刀魚も気になるし、いっそ高級魚ノドグロに挑んでしまおうか。 想いは千々に乱れてひと廻り(笑)。 「豪華海鮮丼」をお願いしました。

お薦めいただいた「生カキ酢」が、銘々の眼前に届く。sakanaya02.jpg宮城からのものだという牡蠣は、何故か自分だけ身がふたつ。 すっきりとした滋味がつるんと通り過ぎていき、うーむと唸る。 ああ、やっぱり、美味しいね。

恭しく登場のドンブリは果たして、てんこ盛りに魚介が載っている。sakanaya03.jpgイクラの宝石感や蟹脚の突出が豪華さを演出しています。 山葵を溶いた醤油を回しかけ、いざ。

ご飯を魚介の山裾からご飯を穿り出している裡に、 口の中の中トロやサーモンが蕩けるように魅惑して、間に合わない(笑)。sakanaya04.jpgsakanaya05.jpg白身を含め、ネタそれぞれの良さが潔くも明らかであります。 脇役装う和布蕪や中落ちのそれと思しきねぎとろも、 いい役回りを演じてくれています。

でもね。 お隣の「海鮮丼」も負けず劣らずいい風情。 「豪華」にはなんで〆鯖がいないの!なんて隣の芝も良く見えてしまいました。

ランチには行列必至の人気店、市場食堂「さかなや」。sakanaya07.jpgその標題が示すように、足立市場の仲買人が直接営むお店だそう。 旬の魚を新鮮なまま、 そしてそれぞれの魚介に相応しい手を入れた酒肴が自ずと期待できるところ。 お酒も目の利く辺りが揃っていそうだし、やっぱり夜の部も気になるね。

口 関連記事:  千住で2番「大はし」で 牛にこみ肉どうふと亀甲宮梅シロップ(06年03月)  地鶏焼「バードコートBird Court」で 満足のひと時小一時間(05年09月)


「さかなや」 足立区千住4-11-6 [Map] 03-3881-4286
column/03429

「市場食堂「さかなや」で 生カキ酢に豪華海鮮丼成程のネタの佳さ」への4件のフィードバック

  1. まったく関係ないのですが、
    湊町から移転した「ながおか」が
    築地で再オープンです。
    早速行ってきました。
    なんとなく「キッチントキワ」にも
    行きたくなってきましたw

  2. はじめまして。ブログ更新復活との風の噂を聞き、あまりに嬉しくコメントをしてしまいました!
    自身が新川在住なので「八丁堀界隈~」と「日本橋界隈~」の更新がいつも楽しみでした。
    昨年からページが無くなったり、どうしたのかとても心配でしたが、またこうして見られる日が来てとっても良かったです♪
    ブログにリンクを貼っても大丈夫ですか??
    またコメントに立ち寄りたいと思います。

  3. Re:puzzさま
    お。「ながおか」が湊からなくなっていたのにも気づいていませんでした。
    築地の「ながおか」へも行ってみます!

  4. Re:由詩@ゆうたさま
    はじめまして。そして、嬉しいコメントありがとうございます。
    リンク、勿論OKですよ。じわじわ更新していくつもりでおりますので、時折覗いてくださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*