酒肴「柿一」で 気風のいいまぐろ漬定伴助鯖定生姜焼定煮魚定

kakiichi.jpg水天宮前交叉点の南側は、 住所でいうと日本橋蛎殻町。 唯一お昼メニュー「鳥わさ丼」の「よね家」や、 昭和な中華「来々軒」のある日本橋公会堂の周囲をぷらぷらと散策してみると、 鼻白むよなチェーン系店がない代わりに、 気になる家族経営・個人経営の飲食店がぽつぽつと見つかります。

そんなお店のひとつが、 日本橋公会堂の正面口近くの酒肴「柿一」。

一間間口の入口右脇の足元に品札が立て掛けてある。kakiichi01.jpg使い込まれた木札は、何処かの壁に引っ掛けていたもののようだけれど、 それをこうして並べているのが、なんだか風雅だ。

kakiichi02.jpg袖が触れ合いそうな間隔で並べられた椅子のひとつに納まって、 さっき眺めた木札のひとつが知らせる品を口にする。 「生姜焼定食」の生姜焼きは、北京鍋で炒めるスタイル。kakiichi03.jpgたっぷりのロース肉に丁寧に火が入って。 キリッとしたタレ味と豚の旨味に茶碗のご飯が甘く感じられます。

目を惹く品書き「伴助鯖定食」。kakiichi04.jpg「伴助鯖」とは、福島県いわき市の干物専門店による鯖の干物であるらしい。 干物にして見るからに、立派な鯖。 凝集した旨味と脂の甘さ。 なんだかとっても贅沢な気分です。

とある日の「煮魚定食」は、金目鯛のお皿。kakiichi05.jpg金目鯛らしいふんわりとした白身に滲みる煮汁。 煮汁を吸った大根には、金目鯛の旨味。 これもまた、素朴にして贅沢な気分にさせてくれます。

お隣さんの手元を眺めて気になっていたのが、「まぐろ漬け定食」kakiichi06.jpg注文を受けてから、ボウルの醤油タレに潜らす鮪は、赤身や中とろか。 魚介を沢山、無造作に盛り込んだ何処かの海鮮丼にはない、 気風ある美味しさであります。

kakiichi07.jpg 急がず、慣れた所作でおひるの定食を供する大将の背には、 夜のお品書きと思しき酒肴たちがホワイトボードに書かれてある。 実に何気ないメニューなのだけど、なんだかとっても佳さそうな、 そんな予感がいたします。

日本橋公会堂近くの一間間口、酒肴「柿一」。kakiichi08.jpg夕暮れ時に訪れて、ぬる燗のお猪口を手に酒肴の並ぶホワイトボードを眺めたい。 ゆったり解けた時間が過ごせると想います。

口 関連記事:   和食「よね家」で 昼の一本勝負鳥わさ丼その表情や味や佳き哉(13年10月)   中華料理「来々軒」で 昭和なラーメン醤油やきそばニラレバ炒め(13年06月)


「柿一」 中央区日本橋蛎殻町1-32-1 [Map] 03-3667-7375
column/03424

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*