フルーツパーラー「宮良農園」で名蔵湾と見晴らすフルーツパフェ

miyara.jpg伊原間地区を離れて、 西側の海岸線を南へと走る。 ダイビングショップ「イエローサブマリン」が、 移転前にあった場所をちょっぴり寂しく眺めてから、 さらに南進西進して川平湾を掠めて通る。 去年、颱風の直後に体験はた織に勤しんだ、 「みね屋工房」の脇を通り過ぎ、 「宮良農園」の看板の下までやってきました。

車を停め、テントに近づけばそこには、 マンゴーやゴールドパイン、グァバなどの果実が並んでいます。miyara01.jpgさらに近づいたところで、小屋の壁に目指すメニューを見つけました。

名蔵湾に臨み、その先に崎枝半島を見渡すパラソルの下。miyara02.jpgハンモックを揺らすそよ風に目を細めつつ、 のんびりと出来上がりを待つひと時。

「宮良農園」謹製。miyara04.jpg「フルーツパフェ」がやってきました。

時季からピーチパインでなく、 ゴールドパインと思われるパイナップルがドスっと刺さる。miyara03.jpgその脇で負けじと、アップルマンゴー2片が刺さる。 マンゴーの種を避けて三枚におろしてから、櫛形に切る様子が想像されます。

バニラアイスの頂上には、 爽やかな酸味のパッションフルーツの種やソース。miyara06.jpgマンゴーのふくよかな甘さ香りも大好きだけど、 パイナップルの甘酸っぱさも同じくらい好物なのだと知りました(笑)。

名蔵湾を見晴らす高台に「宮良農園」のパラソルがある。miyara07.jpg贅沢な果実ゆえ、3個セットでというところを無理云って、2個のマンゴーを送ってもらう。 ところが後日、那覇・牧志の公設市場周辺での値段を見て、愕然とする。 ご当地のより近いところに行けば、良いもの安いものが手に入りそうな気がするのは、 残念ながら必ずしも正解ではない。 南の島でふと、大間の鮪のことを思い出しました(笑)。

口 関連記事:   石垣牛ステーキ「パポイヤ」で石垣牛サーロイン品よく弾ける旨み(12年08月)


「宮良農園」 石垣市字新川1134 [Map] 0980-83-4077 http://miyara-nouen.com/
column/03403

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*