気軽なフレンチ「Bistro Bois de pin」で ポテト戴く鰆青海苔の海

boisdepin.jpgここの看板を初めて目にしたのは確か、 レストラン「Coulis」からの帰りか、 その階下の「鈴萄」からの帰り道。 いつの間にこんな処にビストロが出来ていたんだねと脳裏にメモったのは、もう一年以上も前のことでした。 突然それを思い出して、足を運んだ新富町の裏通り。 一番乗りで中ほどのテーブルに落ち着きました。

いい感じにコンパクトな店内には、店奥に向かって左手に三脚のテーブル。 その奥にも半個室のようになった数席のテーブルがございます。boisdepin02.jpg見上げるドア上の黒板には、ディナーメニューにワインメニュー、 そしてその週一週間分の日替わりランチメニューが示されている。

もっとも一々見上げずとも、 その日のランチメニューは厨房側のプレートにも記されていて、 ランチAかランチBかというのが通例の模様。boisdepin03.jpgにんじんのポタージュだったり、野菜浮かべたコンソメ風だったり。 Aのランチにはどうやらスープをつけるという構成のようで、 おのずとそちらでという志向になりそうです。

冬のあるのおひる時のAランチは、 「豚バラ肉の煮込み カシス風味の赤ワインソース」。boisdepin04.jpg思えば、そのあしらいがクリスマス時季を思わせるもの。 ほろほろと適度な脂の豚肉に、なるほどカシスの風味がよく似合う。boisdepin05.jpgこうしてベリー系の果実をお肉に合わせるのって、 欧風な仕立てだなぁと感心したりして。

ふと奥よりの壁に掛かった額を見上げると、 お店のファサードを描いた絵があった。boisdepin01.jpgシェフの知人が描いたものだそうで、 一見油絵のようでいて実は貼り絵なんですと聞き、改めて眺めます。

そんな日のランチには、 「牛肩バラ肉の赤ワイン煮込み 黒胡椒と蜂蜜風味」。boisdepin06.jpg肉塊を解せば肩バラの繊維質。 黒胡椒をこふいふ風に利かすと赤ワインソースに粋なエッジが備わるのですね。

またまた別のおひるには、「鰆のポテト包み焼き 青のりの白ワインソース」。boisdepin07.jpgboisdepin08.jpg意外とジューシーな鰆を包むポテトは、カダイフで。 包むというより戴いている仕立てが面白い。 そして、そんな鰆に青海苔の風味が活きたソースが絶妙な取り合わせでございます。

新富町の裏通りに、気軽なフレンチと謳う「Bistro Bois de pin(ビストロ ブワ ド パン)」。boisdepin09.jpg厨房のシェフに訊ねると、”Bois de Pin”は、”松林”という意味だそう。 シェフがもしかして松林さん?と思うも、そうではなくて、 シェフが以前働いていた店が”松”に由縁のあるレストランで、 “松”のつく方たちに世話になり、支えられた。 つまりは、”松”に囲まれ今がある、ということで”松林”を店の名に掲げたのだという。 ちなみに、”松”のつくレストランとは、かの「シェ・松尾」だそうだ。

口 関連記事:   Restaurant「Coulis」で 祝二周年のSALE LUNCH今日も満席(11年05月)   創作料理とワイン「鈴萄」で 小鉢嬉しい豚バラ肉の生姜焼きなぞ(12年12月)


「Bistro Bois de pin」 中央区新富1-10-10 [Map] 03-3551-2552 http://www.bistroboisdepin.com/
column/03371

「気軽なフレンチ「Bistro Bois de pin」で ポテト戴く鰆青海苔の海」への8件のフィードバック

  1. 同じくクーリの帰りに見つけました。
    スープが頂きたい時はこちら、サラダが頂きたい時はクーリに伺います。

  2. Re:Rさま
    ですね。何気にそうなっているひと、他にもいそうですね(笑)。

  3. 実は今年になって3回ほどコメントいたしましたが、コメント欄に載ることはありませんでした。
    嫌われたのかなぁ~と思い上記のコメントが載らなかったら、もうコメントするのは止めようと思っていました。
    たぶん前の3回は届いていないのでしょうね。
    さてまたクーリの帰りに新しいフレンチを見つけました。
    クーリから少し歩くと同じ側にこちらがありますが、もう少し先の反対側に「sensibilite」が先月オープンいたしました。
    ご存知ですか?
    前菜+メイン+飲み物で1200円。
    +200円でデザートがつけられます。
    このコメントが届くといいけど。。

  4. Re:Rさま
    あああ、大変失礼しました。あまりにスパムコメントが酷くて、セキュリティのレベルを一段上げたら、スパム以外のコメントも弾いてしまっていたようで、チェックできませんでした。不快な思いをさせてしまい、ごめんなさい。
    はい、「サンシビリテ」さんへは先々週に一度、お邪魔しました。燻製した鯖の前菜なんか、よかったです。
    これからもちょこちょこ足を運んでみようと思っています。
    改めまして、ごめんさいでした。

  5. そうでしたか!
    嫌われてなくてよかった(笑)
    サンシビリテさんに行かれましたか。
    早いですねぇ~さすがです。
    私も鯖の燻製の前菜をいただきました。

  6. Re:Rさま
    はい、すいません(汗)。鯖の薫香にくんくんしちゃいますよね(笑)。

  7. あれ?
    今日サンシビリテで
    カウンタの右隅に
    いらっしゃいました?
    ●もしいた場合
     また飲みに行きませんか?
    ●別人だった場合
     また飲みに行きませんか?
    カメラの持ち方に蘇る記憶w

  8. Re:puzzさま
    それはなにかの幻では~(笑)。また呑みに参りましょう~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*