下町洋食「キッチン トキワ」で 隅田川の景観とカキフライの景色

tokiwa.jpg新富町の駅の上。 そこから市場通りを離れて月島方面へ向かう道は、 聖路加病院の横辺りからカーブを描きつつ、 隅田川を越えるべく視界を高くしてゆきます。 試しにその橋の下を抜けていこうとしたところで、 堤防の手前に石碑らしきものがあるのが目に留まり、 なんだろうと足を向けます。

石碑に刻むは「佃島渡船」の文字。 その並びに掲示された佃島渡船場跡を解説するプレートによると、 家康の時に摂津国佃村(大阪市西淀川区)の漁民を招いて住まわせたところらしい。 対岸の船松町との間に正保二年(1645年)に通ったのが佃の渡しで、 昭和39年の佃大橋の完成によって300年の歴史を閉じた、と。 tokiwa02.jpgtokiwa03.jpgtokiwa04.jpgtokiwa01.jpgこの辺りに渡し舟があったのかぁと思いながら「隅田川テラス」への階段を上がると、 パッと視界が開けて、向かい側の大川端リバーシティ21から中央大橋の架かる隅田川の景観が目に飛び込んでくる。 なかなかの眺めであります。

そこから陸側を振り返るようにすると、 佃大橋のカーブの影に目指す雑居ビルがある。tokiwa05.jpgtokiwa06.jpg以前あったキリンビール提供のスタンド看板が見当たらない。 ますます飲食店の存在がステルスに傾いている下町洋食「キッチン トキワ」に、 久し振りのお邪魔です。

tokiwa07.jpg満席間近の店内。 カウンターの端っこに空席を認めて、此処よいですかと目配せします。 例によって、あれこれ目移り必死の短冊を見上げつつ、 冬の時季のご注文といえばやっぱり、「カキフライ」でありますね。tokiwa08.jpgtokiwa09.jpgtokiwa10.jpg 広島は地御前(じごぜん)産の大粒の牡蠣です、と謳う「カキフライ」。 やや平たい形状の牡蠣を包む衣サクサクとして、 磯っぽさも纏いつつ弾ける旨みは期待を裏切らない、味の景色。 ドレッシングのようにも思う、水っぽい仕立てのタルタルが個性的なんだよね。

もっと通って、メニューのあれこれを制覇しなくっちゃと思わせる、 下町洋食の「キッチン トキワ」。tokiwa11.jpgそのファサードにふと、王子の向こうの煮干し中華そば屋「伊藤」を想い出す。 看板なんかなくたって、魅力ある店にはヒトが集まるものですね。

口 関連記事:   下町洋食「キッチン トキワ」で ウィンブル丼に海老フライカレーに(09年07月)   中華そば屋「伊藤」で 質実なる潔さと大盛りつゆ増しへの欲求(09年04月)


「キッチン トキワ」 中央区湊3-12-7 「Map」 03-3552-4081
column/03333

「下町洋食「キッチン トキワ」で 隅田川の景観とカキフライの景色」への2件のフィードバック

  1. ここですが、
    3月半ばに満を持して伺うと
    カキフライは2月で終了だそうです。
    終わるの早すぎだぜいw

  2. Re:puzzさま
    まさに3月半ばで牡蠣料理を止めてしまう店が出始めますが、
    2月末でってのは、早いっすー。
    牡蠣が一番ぷっくりするのは3月ともいわれているんですけどね〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*