支那そば「松波ラーメン店」で 得心麺コクの焦点整ったスープに

matsunami.jpg青森煮干し中華そばの「JIN」へまた寄り道してしまおうと、世田谷線の松陰神社前へ。 ところが「JIN」の営業時間が一時的なものか、変わっていて、既に灯りが消えている。 さてこれは困ったと腕組思案。 プラットホームの方へ戻りながら、 さっき車窓からちらっと見えた光景を思い出す。 あちらもラーメン店なんじゃないのかな。

線路脇の小道をつつっと往くと、件のお店の看板が見えてきた。matsunami01.jpgその横を下高井戸に向かう世田谷線が通り過ぎる。 お店の名は、ラーメン店であることを疑う余地なき(笑)、「松波ラーメン店」だ。
matsunami02.jpg ゆったりと明るく小ざっぱりとした店内の、 開放的なオープンキッチンに向かうカウンター。 ラーメンの前にビール、というのは余り潔しとしないのが常なのだけど、 なんかふと、以前の「かづ屋」を思い出して、ちょっとビールをやっつけたくなり、 そのお伴を物色します。matsunami03.jpgmatsunami04.jpg「肉ミソモヤシ」は、シンプルにして成る程ビールによく合う気のきいた小品。 そういえば、三軒茶屋「東京餃子楼」にも「もやし」があったね。 ビールといえばの「ギョーザ」は、すっすと胃の腑に落ちる軽い仕立てだ。

お願いしていたラーメンは、「得心麺」。matsunami05.jpgつまりは全部のせのどんぶりには、 海老入りワンタンにチャーシュー、煮玉子、海苔に青菜なんかが綺麗に載っていて、 うん、いい表情だ。

不用意な濁りの窺えないスープは、 鶏や豚に魚介出汁、野菜類の旨みが上手にバランスしていて、 コクの焦点が整っている感じに感心して、思わず頷く。matsunami06.jpgmatsunami07.jpgmatsunami08.jpg皮を愉しむワンタンもいいけど、こうして海老さんの具たっぷりワンタンも好み。 麺箱の脇をみるに、大栄食品提供らしき細麺は、 まさにこんな中華そばにはこんな麺と思うストレート麺なんだ。

matsunami10.jpg 「担々麺」も端正な仕上がりではあるけれど、 此処では、「支那そば」ラインナップを断然支持するところでございます。

松陰神社駅近く、世田谷線沿いも風情な支那そばの店「松波ラーメン店」。matsunami11.jpg世田谷線沿線住民の中には、 車窓から「松波ラーメン店」のファサードを目に留めては急遽途中下車してしまうヒトが、 少なからずいると確信しています(笑)。

通り過ぎた電車を追うように、店の前から駅方向へ。matsunami12.jpg軌道を走る電車が身近にある暮しっていいかもと、そう思う瞬間でした。

口 関連記事:   青森煮干し中華そば「JIN」で クセになりそな極煮干しらーめん(12年06月)   餃子専門店「東京餃子楼」で実直な焼き餃子水餃子もやし大ヒット(08年09月)


「松波ラーメン店」 世田谷区若林3-19-7 [Map] 03-5787-8789
column/03304

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*