食事と喫茶「双葉食堂」で 南伊豆ヒリゾ浜と夏の日の中華そば

futaba.jpg南へ南へと車を走らせた真夜中の135号線。 夜が明けるまで仮眠して、 白浜海岸の白い砂に足裏を焼いた学生の頃。 近くに貸別荘を借りて、 日参した弓ヶ浜と神社の先の海の家。 泳ぎ疲れた帰り道では、 海岸沿いを先の先の先までテールランプが続く光景を憶えています。

そんな遠い記憶を妙に懐かしく想うほど、真夏の下田から離れていました。 久し振りに下田〜南伊豆の魅力に浸ろうと、呑み明けに早起き(笑)。 こだま号に乗り込みました。

伊豆急下田からバスに乗り換え、下田のさらに奥へ。 石廊崎を過ぎて、バスは伊豆の西側へと回り込みます。 バスに揺られること、およそ45分。 辿り着いたのは、中木という終点、小さな小さな港だ。

早速手に入れたのは、渡し船のチケット。 間を置かずやってくる船に乗り向かうは、ヒリゾ浜。 陸路なく、船でしか行けない小さな海岸なのです。

向きを変えた船が走り始め、三坂漁港を離れる。futaba01.jpgと、あっという間に断崖に囲まれた入り江のような地形の場所に船の舳先が着岸します。

岩を伝う通路を辿ってみればビックリ。 小さなヒリゾ浜は、先客さんたちで大賑わい。 テントを持ち込んでいるグループも多く、まるでキャンプ場のような様相を呈しています。futaba02.jpg なんとか隙間を見つけて、レジャーシートを陣取る。 そして早速、此処のために仕入れた短いフィンを手に海へと進む。 慣れるまでは冷たいけれど、澄んだ水に漕ぐ脚も忙しくなる。

タカベの群れが迎えてくれ、 空色のスズメダイたちやチョウチョウウオの仲間が顔を出す。 目に前で猛烈な勢いで苔を食む大振りなボラをじっと観察。 イソギンチャクにはクマノミお留守だったけど、 とっぷり堪能のシュノーケリング三昧のヒリゾ浜でありました。

渡し船で港に戻ったら、真っ直ぐそのまま「双葉食堂」へ。 一階売店のオトーサンにシャワーの御代を払って、最上階のテラス。 ちめたーい水のシャワーに「ひ〜!」と涼んでから、その下の食堂から港を眺める。futaba03.jpgfutaba04.jpg陽射し強くもカラッとして、そよそよと抜ける風がなんとも心地いい。 そして、お待ち兼ねのジョッキです(笑)。

ツマミには、「双葉」フリークに話題の「イカバタ」を。futaba06.jpg柔らかく焼いた烏賊の香ばしさにバター醤油がグググンと誘う。 旨いね、こりゃいいね。

すっかり腰が落ち着いちゃって(笑)、ウーロンハイに切り替えて。 お供に「焼きそば」所望する。futaba07.jpg忽ちお酒のアテにもなる、海の家の定番として、欠かせないものでございます。 futaba05.jpg もひとつ「双葉」で話題の品が、「焼肉丼」。 甘辛い濃密な醤油タレに絡めた豚ロースがドンブリを覆ってる。futaba08.jpg噛めば、生姜の気配する。 リピーターも少なくないよな気がします。

ノスタルジックな気分も多分に混じるけど、 夏の海辺に欠かせないのは、飾りのない中華そば。futaba09.jpg「チャーシューメン」でなく、ただ「ラーメン」であるのが相応しい。 業務用を想うスープとタレにかん水匂う縮れ麺、ナルトに支那竹。 あの日の薄っぺらいスープよりは贅沢な味わいだけど、こうでなくちゃのドンブリそのまま。 澄んだ海と空の紺碧を眺めながらの夏の日のラーメンに感激です。

ヒリゾ浜へと渡る、中木の港のお食事処「双葉食堂」。futaba10.jpg目の前の海を見下ろすロケーションと海の家正統の品書きが嬉しいオアシス。 盛夏のおひる時には、行列ができるようですよ。


「双葉食堂」 静岡県賀茂郡南伊豆中木 [Map] 0558-65-0015 Webサイト「中木へいこうよ!!」http://www.nakagi.jp/
column/03296

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*