スパゲッティ「とすかーな」で 室津生かきと牡蠣ベーコン醤油スパ

toscana.jpgほぼ毎月恒例、武蔵小山「Again」での村田和人ワンマン・ライブ〈村田の実験室〉。 駅前のロータリーに面したペットサウンズ・レコードのビル地階が「Again」の在り処。 そしてその入口を背にして正面に見えるのが、 スパゲッティ「とすかーな」。 ライブの熱気冷めやらぬまま、目の前の店でお腹も満たします。

冬場の「とすかーな」は、牡蠣の店でもある。toscana01.jpg冬季限定と謳う看板では、牡蠣のパスタあれこれを紹介しています。

狭い店内のカウンターに陣取って、まずは生牡蠣を所望する。 ここでは、兵庫・室津の一年牡蠣を提供してくれています。 そうとなれば、白ワインも欲しいところ。 オススメのイタリアのシャルドネをグラスで添えてもらいます。

一年で立派に育った室津の牡蠣。toscana02.jpg後味に含む仄かな甘さの余韻がすっと消える感じがいい。 先日の「第一回 かき日本一決定戦」で第3位に評したのが、”室津かき”だったものな。 ライムは不要かもしれません。

そして、牡蠣パスタのあれこれの中から「牡蠣とベーコンとキノコ醤油生クリーム」を。toscana03.jpgtoscana04.jpgゴロゴロとしたベーコンの香気と醤油の風味が基調で、 そこへ御本尊の旨味エキスが滲むように全体に伝播する。 クリームソースのパスタかと勘違いしていたけど、 生クリームはコク出し程度に加えているのもまたいいね。

toscana05.jpgメニューには、同じノリらしき「牡蠣とベーコンとキノコのリゾット」や 「牡蠣のクラムチャウダー」なんてのもある。 そして、「アラビアータ」など、 冬の定番になってるであろう牡蠣パスタがトリオでスタンバイ。 そんな牡蠣料理達、メニューには5月まで予定としています。

代々木、吉祥寺、経堂、六本木、神谷町に武蔵小山。 都内六処に味の発信拠点を構える「とすかーな」は、武蔵小山が総本店。toscana06.jpgsince 1992とフラッグにも示すように創業20年となる乾麺スパゲティの老舗格だ。 そういえば、八丁堀「マイヨール」の出自でもある「ハシヤ」の本店は今どうなっているのかな。

口 関連記事:   スパゲティー「マイヨール」 で冬期限定カキスパ4種制覇(08年02月)


「とすかーな」武蔵小山総本店 品川区小山3-26-9 ハイツ武蔵小山1F [Map] 03-3788-4257  http://www.toscana-pasta.jp/
column/03250

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*