手打ちうどん「あまのや」で 肉汁うどんやや細め大大盛りうんうん

amanoya.jpg西武新宿線の航空公園駅西口近くに山ノ上公園という小さな公園がある。 以前は交通公園という名前で、深く掘り下げて回遊路を廻した立体感のある公園でした。 ミニチュア版の道路に横断歩道が描かれ、信号機や踏切も据え付けられていて、密かに好きだったのだけれど、いつの間にか埋め立てられて、なんの変哲もない公園になってしまっていました。
そんな山ノ上公園や明峰小学校が面する道を国道に向かって進むと、 正面に「手打ちうどん」と示す看板が見えてきます。 駐車場の看板には間違うことなく、「肉汁うどん」の文字。 そうとなれば、寄らない訳には参りません(笑)。

懐かしい風情の藍の暖簾を潜る店内は、右に小さなテーブルふたつ、左手に小上がり。 遠い昔に訪ねたことがありそうな、デジャヴに似た感覚が過る。 壁一面の品札には、天ぷらのあれこれやその天ぷらを使ったどんぶりもの、居酒屋メニューに豚肉の生姜焼き定食までが並んでいます。

そうはいってもその中心にあるのが、「もり肉汁」。amanoya01.jpgもり、大盛り、大大盛り(だいだいもり)とうどんの量が三段階。 オカアさんに相談しつつ、空腹を理由に「大大盛り」をお願いしました。

amanoya02.jpg 早速届いた小皿に刻み葱と一緒にほうれん草や蒲鉾の一片があるのは、 “糧”の習慣から。 うずらの玉子が添えられているのは初めてだ。

角ザルでやってきたうどんは、やや細めな印象ながら、地粉の色合い真っ直ぐの表情。amanoya03.jpg汁には勿論豚バラが浮かんでいて、早く啜れと急かせます。

こんもりとしてはいるけど、空腹にはちょうどいい感じの盛り具合。amanoya04.jpg箸先を駆って、バラ肉の脂とアクが浮かぶ汁にどっぷと浸して一気啜り!

うんうん、ムホホ。amanoya05.jpgamanoya06.jpg見た目の印象と同じく、 ほんのもうちょっと太めに切ってもらえると野生味が増してさらにムホホになると確信します。 まぁその分湯掻き時間も増えちゃうだろうけどね。

静かな住宅地の只中に、武蔵野うどんの店「あまのや」。amanoya07.jpg厨房では、ご主人らしき御仁も女将さんらしき方も元気に立ち動く。 その中に若いひとの姿がみられるのが頼もしい。 ずっと続けていって欲しいなぁ。 二階にもお座敷があるようです。


「あまのや」 所沢市北有楽町16-5 [Map] 04-2923-3660
column/03209

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*