演繦料理「銀座 楸」で 赤穂牡蛎フライのせカレー牡蛎入りカレー

g-hisagi.jpg銀座で牡蠣料理のお店として思い浮かべるのは、 今やカキフライの店としても有名な「三州屋」銀座か、 そう云えば移転後はまだお邪魔できていない「銀座 かなわ」か。 そして、幾つかのオイスターバーよりも先に想起するのが、演繦料理「銀座 楸」なのです。
「九州じゃんがら」や油そばの「東京油組総本店 銀座組」の前を通って、 ご無沙汰の階段を二階へと上がる。 g-hisagi01.jpgやや暗がりの中にスポットを落とした店内。 カウンターの中程に居場所を得て、うきうきと(笑)、メニューを開きます。 やっぱりまずは、カキフライ! 「赤穂 牡蛎フライのせカレー」をいただきましょう。

ゆらゆらっ湯気を上げて誘う、牡蠣フライと黒いカレーと。g-hisagi02.jpg黒いカレーをソース代わりに早速、牡蠣フライに齧り付きます。

兵庫は赤穂からやってきた牡蠣の滋味をぴっちりと包んだ衣からじゅんと旨み弾ける。g-hisagi03.jpgg-hisagi04.jpg仄かな苦みに似た香ばしさを含んだこっくりとそしてさらっとしたカレーと硬めに炊いたライス。 牡蠣フライの滋養一閃に深みあるカレーがより奥行きを与えてくれます。 いいねいいねと一気喰いしてしまいます(笑)。


間を置かずまた、「九州じゃんがら」の並びへと。 同じ椅子に腰掛けて今度は、「牡蛎入りカレー」をお願います。 「牡蛎クリームコロッケ」をひとつ、トッピングしてもらいましょう。

煮崩れることなんかなく、端正な表情で鎮座する牡蠣の身。g-hisagi05.jpgそっとその下のライスと一緒にスプーンの上に載せ、かぷっと口へ。

フライのそれとは違う、真っ直ぐな牡蠣の風味が解けて黒いカレーのさらっとしたコク味と渾然となって、旨い。g-hisagi06.jpgg-hisagi07.jpgクリームコロッケを齧るとこれまたびっくり。 中に仕込んだ牡蠣がその魅力を主張すると同時にチーズの濃厚な旨みが一気に解放されて、ハッとする。 「牡蛎クリームコロッケカレー」にもう一個、牡蛎クリームコロッケをトッピング、なんて手もあるなんて思ったりして(笑)。 そう云えば、「牡蛎とチーズのグラタン風カレー」は再開しないのかな。

階段の脇には、黒板が据え付けてあって、 そこにはこんな風にメッセージがある。g-hisagi08.jpg「牡蛎を食して、元気になろう!」。

Oyster Restaurant & Wine、演繦料理「銀座 楸(ひさぎ)」。g-hisagi09.jpg“牡蠣料理”と標記せず、余り見慣れない”演繦料理”と謳うあたりからも拘りを思います。 夜に、そして麻布のお店にも行ってみなくっちゃ。 口 関連記事:   大衆酒場「三州屋」で 夜のかきフライ風格の表情弾ける魅力(10年10月)   らあめん「九州じゃんがら」銀座で 赤いじゃんがらとお帰りなさい(11年03月)


「楸」銀座本店 中央区銀座6-12-16 片桐ビルⅡ2F [Map] 03-3289-1390 http://kaki-hisagi.com/
column/03192

「演繦料理「銀座 楸」で 赤穂牡蛎フライのせカレー牡蛎入りカレー」への4件のフィードバック

  1. おおー・・・やはりココは、銀座の牡蠣スポットといえば
    三州屋さんと並ぶ双璧ですね。
    「牡蠣入りカレー」のカキは、バターソテー?
     
    ちなみにここのカウンター席、ブロガーとしては写真を
    撮りやすい照明のある席を狙いたいですネ(笑

  2. Re:つきじろうさま
    牡蛎入りカレーの牡蛎は、特に焼きを入れた様子もなく、さささっと馴染むようにカレーソース煮した感じです。
    確かに、椅子によってスポットの当たりが極端に違うので、どうしてもそっちへ吸い寄せらるね~(笑)。

  3. Re:グヤさま
    おお、兄さん、ご名答!イケるっス!
    了解です、麻布のお店に参りましょうー。
    いつ頃がいいですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*