和食「よね津」で 茗荷とかつお名物鯨カツかますの土佐棒寿司

yonedu.jpg思えば久し振りの学芸大学駅。 ちょうど秋祭りの週末だったらしく、駅前には太鼓を積んだトラックが出番を待っていました。 予行演習の笛の音を背に高架脇を辿る。 目当ては、いつぞやの土佐料理の店です。
カウンターの一番奥に陣取って、ひとまず麦酒。 こちらを訪ねたら、名物「かつおたたき」をいただかねばなりません。yonedu01.jpgyonedu02.jpg皮目を炙るのは流石に藁でないけれど、ぬめっ脂が光る包丁のかつお。 刻んだ茗荷をのっけて、が一番オツないただ方でございます。

yonedu03.jpg 「よね津」のもうひとつの名物が、「名物鯨カツ」。 ころころとした一見丸いコロッケのよう。yonedu04.jpg特製のソースにちょんとつけて齧ると、柔らかな牛の肉のような歯触り。 品のいい身肉の香りと溢れる旨み。 うんうん、美味しい。

菊の花の彩りが鮮やかなのが、「さわらの蓮根蒸し」。yonedu05.jpg薄くスライスした蓮根に包むように蒸し上げた鰆の身は、甘くしっとりとして。 きゅっと傾けるお猪口がよく似合います。

前回同様もどうしても気になっちゃう、「四万十川ごりの唐揚げ」。yonedu06.jpgさくっと軽妙な響きとともに口腔に広がる四万十の滋味。 腸の微かな苦みが酒肴としての粋を思わせます。

土佐煮か唐揚げかを選べる、定番の里芋の小鉢。yonedu07.jpg山椒の葉をあしらった里芋を口に含むと、 とろんとした里芋のほの甘さに鰹出汁の風味が追い掛ける。 これまたオツなお惣菜であります。

〆にとあらかじめお願いしていた「土佐の棒寿司」。yonedu08.jpg以前一月にお邪魔した際は、土佐清水の鯖棒寿司だったけど、この晩はカマスの棒寿司。 鯖の脂が深みを生む鯖棒寿司に対して、比較的あっさりした中に独特の風味が香るカマスの棒寿司もまた、いい。

土佐料理を基調にしてオツで端正な酒肴の品書き、和食「よね津」。yonedu09.jpgご主人が淡々とした調子で繰り出す器たちをただ素直に味わえば、穏やかな幸せが得られること請け合いです。

口 関連記事:   和食「よね津」で かつおたたき四万十ごり唐揚土佐清水鯖棒寿司(10年01月)


「よね津」 目黒区鷹番3-4-13 笹崎ビル1F [Map] 03-3716-5991
column/03191

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*