Oyster Bar「MAIMON」で チャリティオイスター隠岐の銘牡蠣春香

maimon.jpg「MAIMON」で思い出すのは、駒沢通り沿いのアーケードに出現した”Oyster Bar”というフレーズ。 もう10年くらい前のことになるかもしれません。 狭い間口ではあるものの、煌びやかなディスプレイが印象的でした。 そんな「MAIMON」恵比寿は、いつの間にか移転して、大箱飲食店ビルの最上階に。 グループの「IMAIYA」のあとを引き継いた、ゴージャスなインテリアのオイスター・バーとなっていました。
夜の営業前の陽射しの射す中、 ウェルカムにいただいた泡越しに見上げる高い天井。maimon01.jpg第2回を迎えた「東日本カキ産地支援復興対策会議」の隅っこに参加するため、会場提供してくれた「MAIMON」へとお邪魔した次第であります。 「MAIMON」さんのさらなるウェルカムは、 カクテルグラスに飾られた牡蠣、その名も「マイモンダイヤ」。maimon02.jpgmaimon03.jpgそれは、北九州豊前海産の、なんと「MAIMON」の自社ブランド。 あっさりしつつ、清澄な旨みを湛える感じの真牡蠣。 季節によって産地を変え、おのずと味わいも変わっていくとするブランドのようだけど、みずからのブランドを持つオイスター・バーなんて、他に知らないよね。

白ワインをいただいたところに到着したのは、持っているには重そうな大きなトレー。maimon04.jpgこちらが本日のチャリティオイスターの牡蠣、「春香」だ。

岩牡蠣「春香(はるか)」は、島根の沖合いに浮かぶ隠岐の産。 日本で一番最初に商業化した岩がき、だそう。 海士町の海士(あま)いわがき水産が供する「春香」は、玄人筋も一目置くブランドという。maimon05.jpgちょこっと檸檬を搾っていただく印象は、真牡蠣と岩牡蠣の間のような。 クリアな滋味を仄かなクリーミーさの気配が包んでいて、そこにバランスと品を想う。 「春香」は三年もので、二年目に”耳吊”と呼ぶ工程で手間をかけるのも特徴のひとつ。 それぞれが互いに接着したような状態で垂下ロープに付着した牡蠣をひとつづつばらし、牡蠣ひとつひとつの蝶番の先端に小さな穴をあけ、そこへテグスを通して放射状になるように垂下ロープにふたたび固定する。 そんな大きな手間をかけて、育成の密度を調整し、牡蠣に万遍なく栄養が廻るように。 そうすることで、プランクトンの多い海域を敢えて避け、清澄な海域を選びながら、幻の、とも呼ばれる牡蠣を育んでいるのだそう。 そんな「春香」に「MAIMON」の5種類のソースからオススメの薬味ぽん酢を垂らしてみる。 maimon06.jpgmaimon07.jpgmaimon08.jpg うほほ、なるほど、途端に旨みの輪郭がよりくっきりとして、ちょっとした変化も愉しめる。 と、いうことで、もうふたつください(笑)。

「マイモン」「春香」と白のグラスをひと廻り味わったところで、 ミーティングにするんと移行します。 復興取り組みの状況や実施イベントの報告、主だった企画提案の内容・進捗を共有し、会議第1回以降に集まった義援金の使い方を決めたり、これからの会議あり方をあれこれ意見交換したり。 結局、予定時刻を大きく上回る、会議&チャリティオイスターとなりました。 三陸を代表する名産品の牡蠣で、三陸の自活への路を少しでも手助けしたい。 会議の様子や取り組み内容は、随時、日本オイスター協会特設サイトに掲載されます。 復興牡蠣オーナーも着実に増えています。

恵比寿、銀座、そして大阪・梅田に展開する、 スタイリッシュOyster Bar&Charcoal Grill「MAIMON」。maimon09.jpg夕闇とともにそのラグジュアリーな雰囲気がきっと華開く。 正規の営業時間にもお邪魔しなくっちゃ。


「MAIMON」恵比寿 渋谷区恵比寿南2-3-14 CONZE恵比寿7F [Map] 03-3715-0303 http://www.secret-table.com/brand/maimon/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*