お好み焼き「甚六」で かき玉お好み焼そばアーケードの向こう側

jinroku.jpg大阪地下鉄の南森町か、 JR東西線の大阪天満宮駅か。 京浜国道から見上げたのは、日本一長いといわれる商店街、天神橋商店街のアーケード。 大きな躯体の人形4体、ポーズを決めています。 天神祭の船渡御に飾られる「お迎え人形」をモチーフにしたものらしい。 お初天神にもみる人形浄瑠璃の世界だね。
そんな派手な出迎えをしてくれる二丁目商店街も、 一旦足を踏み入れると特段活気に賑わう様子ではなく、 あくまで普段着の商店街であることが判ります。jinroku01.jpg そのままずっと歩いていくとアーケードが途切れるところに辿り着く。 振り返ると、天神橋一丁目表参道を標しています。 そのちょっと先に見つかる赤提灯。jinroku02.jpg提灯には、お好み焼き、と書かれています。 群青の暖簾を払った先は、右手にL字のカウンター、左手にテーブル席。 積年の貫禄を頼もしく感じ風情でありますね。 jinroku03.jpgやっぱしまずは麦酒をいただいて、壁の品書きを見上げます。 如何にも使い込んだ鉄板を見下ろして、ふたたび見上げたお品書きから、 お好み焼きの「かき玉」をお願いしました。jinroku04.jpg 手早くタネを回し溶き、鉄板へ。 あれ?牡蠣はいつ入れたのかな。 何かの鍋の蓋を流用してるのか、それとも特注の調理器具なのか。 パコッと被せて出来上がりを睨むオヤジさん。 ケチャップちょこっと隠し味、ソースをぐるっと塗って刻み海苔を散らして、はい出来上がり。jinroku05.jpgjinroku06.jpgコテで刻んだ中から十分大振りな牡蠣が出てきて、ふーふー、ああ、旨い。 コナモンに牡蠣は、当然の如くよく合うね。 甘すぎず、辛過ぎずのソースに芥子の風味。 やっぱりどろソースは、近畿圏の典型的なソウルフード味のひとつなんだろなぁと思ったり。 ふーふー。 もちょっと生地がしっとりしてればなおいいけれど。 なんだか勢いついちゃって、ウーロンハイを追加して。 焼きそばを「ミックス」でいただきます。 おお、オムレツ的に薄焼きの玉子を載せてくれるなんて、 お洒落じゃないっすか、オヤジさん(笑)。jinroku07.jpgきっと焼きそば自体もソースだからと、玉子には控えめにたらりと垂らすオリバーソース。 割いた玉子の脇から焼きそばを引き摺りだして啜ります。jinroku08.jpgウーロンハイ、もう一杯!

天神橋商店街の外れに今日もある、お好み焼き「甚六」。jinroku09.jpg「甚六」を店の名に冠したのは、オヤジさんがおっとりしたお人好しの長男だから? まったく路線は違うけど、白金の「JINROKU甚六」とは関係あるのかな。


「甚六」 大阪市北区天神橋1-13-11[Map] 06-6353-4816
column/03098

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*