とんかつ「万平」で カキフライ定食カキバター焼き定食ああ堪らん

manpei.jpg戦災の炎火から逃れた神田須田町。 手打ちそばの「まつや」や「神田やぶそば」。 鳥すき焼きの「ぼたん」やあんこう鍋の「いせ源」。 ちょっと行けば、洋食の「松栄亭」。 下町風情を残してくれている飲食店があって、ずっと気に掛かる界隈だ。
そんな須田町の一角。 「まつや」のところを万世橋の方へ斜めに入り、ちょうどカレー「トプカ」辺りで左手の路地を覗くと、暗がりを照らす灯りがある。manpei01.jpgその灯りの主が、とんかつ「万平」です。 manpei02.jpg左手の壁のタイルにこんな貼り紙をみつけました。 「カキの季節になりました、岩手県広田湾米崎産」。 おお、この暖簾の向こうで、広田の牡蠣が待ってくれているようです。

店内は、4人が腰掛けられるベンチ椅子形式のテーブルが4卓。 テーブルも椅子も白木の造作で、それが柔らかな印象を与えてくれています。 まずはやっぱり(笑)、「カキフライ定食」。 厨房からの揚げ音が、じゃーぴちぴちっと聞こえてくる。 そしてその音は、ゆるやかに調子を上げていくます。 懐かしの洋食屋さん的にステンレスの楕円皿でそれは届く。 フライの数は、二の四の六個。manpei04.jpg檸檬をささっと搾り、ふふっとしてからやおら、齧りつきます。 ああ、いい。 衣細やかなタイプで、牡蠣エキスの封じ込めに適ってる。 manpei05.jpgmanpei06.jpg ほんのもう少し、迸るような旨みの弾けがあればと過度な求めをしてしまうけど、 それは過剰な期待というものでしょう。

そして、「万平」の牡蠣料理のもう一方の雄が、「カキバター焼き定食」。manpei07.jpgつやつやと飴色にも思う、そそる景色に仕立てられた牡蠣のつぶ。 むほっと齧りつけば、ミネラルが昇華したような牡蠣の旨みとバター醤油の風味が渾然一体となって、堪らん感じ。 ご飯は勿論、いろんなお酒にぴたっと合ってしまう、きっと。 manpei08.jpgmanpei09.jpg 例えば、「新富 煉瓦亭」がそうであるように、 「カキフライ」にするかはたまた「カキバター焼き」にするかは、 今後も悩むことになりそうです(笑)。

神田須田町の路地裏にひっそり佇む、とんかつ・洋食の店「万平(まんぺい)」。manpei11.jpgmanpei10.jpg「ハンバーグ定食」などなど他のメニューも気になるので、 温かくなったらまた足を運んでみなくっちゃ。 オバちゃんに、なんで「万平」という店の名前なのか訊ねたら、 「あ、あのね、お店の誰かの名前となじゃなくってね、昔誰かがそうつけてくれたの」という意外と素っ気なくも不思議なお応え。 もしかしたら、語るに語れない物語があるのかもしれません。 口 関連記事:   洋食元祖「新富 煉瓦亭」で 超揚げ立てカキフライあぁ至福の時(11年02月)


「万平」 千代田区神田須田町1-11[Map] 03-3251-4996
column/03088

「とんかつ「万平」で カキフライ定食カキバター焼き定食ああ堪らん」への4件のフィードバック

  1. カキフライ6個もついてくるなんてすごい~♪
    近くのやぶそば、いせ源は家族でよく行きます。
    今度寄ってみます~!
    情緒があって素敵な界隈ですよね。

  2. Re:油谷さま
    なんか、あの界隈らしい洋食のお店なんです~。
    最近「いせ源」に初めて寄りました。やぶそば、いせ源お得意なら、勝手知ったるところ。
    是非~♪

  3. はじめまして!
    出挙と申します。
    万平の牡蠣の大ファンでして
    実は昨日も行ってしまいました
    カキバタ焼きにビールは
    欠かせませんね!
    では、今後とも宜しくお願いいたします。
    今日やまいちに行ったのは内緒です(笑)

  4. Re:出挙さま
    万平の牡蠣の大ファンということは、割とご近所にいらっしゃるということですね。
    羨ましー♪
    お安くないのが玉に瑕だけど、ビールにご飯に堪らんですよね。
    「やまいち」のかきフライはいかがでした?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*