ベトナム・中華料理「華福」で 大山で越南と中華が並び立つ謎

kafuku.jpg池袋から東上線で、大山の駅。 ここに降り立つのは、はていつ以来のことだろう。 ハッピーロードを歩くのも当然、久し振りということに。 川越街道に出ると、北風がさらに強く吹き抜けて、 なお寒い。 肩を窄めて立ち止まった信号の向こうに紅い提灯が飾るお店が見つかりました。
紅い看板が通りに示す名は、ベトナム料理&中華料理「華福」。 Gingerちん召集の城南チームが、城北チームと相見えるため、やや縁遠い板橋エリアに出没したのであります。 総勢10数名による乾杯と前後して、前菜のお皿がどどんとやってくる。kafuku01.jpg kafuku02.jpgkafuku03.jpg 蒸し鶏と胡瓜の冷菜やたっぷりの刻み葱を頂いた砂肝といった一見するに中華なお皿たち。 千切り胡瓜と和えた干し豆腐は随分と幅広だ。 そこへ続いて、生春巻きや揚げ春巻きといったベトナムンなお皿たち。 kafuku04.jpgkafuku05.jpg もちっとした生地のやつは、海老を包んで蒸してある。 kafuku06.jpg 唐揚げしたソフトシェルクラブを齧ったところへ、 おどろおどろしく口を開けたイシモチのあんかけ。kafuku07.jpgナウシカの巨神兵を思い出したのは、ボクだけではないはず(笑)。 ここで、こっそりナポちん特注は、焼きそばケチャップ炒め、つまりは中華ナポリタン。kafuku08.jpgそしたら、焼きビーフンをケチャップで炒めたらベトナメーゼ・ナポリタン?みたいな(笑)。 この辺りから、紹興酒をガブ呑みしはじめたナポちんは、宣言通り泥酔の淵へと沈んでいくのでありました。 そんなナポちんが食べたの憶えているのかいないのか。kafuku09.jpgなかなかイケるさらさらカレーのお皿がやってきた。 これはつまりは、ベトナム仕立てのカレーなのでしょう。 そこへ如何にもベトナム料理な「フォー」が登場と目まぐるしい。kafuku10.jpg澄んでしっかり旨みの出たスープ。 香菜もこれくらいの量ならちょうどいいアクセントだ。 kafuku11.jpg どどんとドンブリサイズで届いた杏仁豆腐で大団円であります。 振り返れば、時折やってきたベトナムな料理がなかなかのスグレモノだったな。


川越街道の風に揺れる紅い提灯が目印の、ベトナム料理&中華料理「華福(かふく)」。kafuku12.jpgベトナムが、ベトナム料理が中国の影響を受けているのは、然るべきところ。 中国華南に接するエリアの料理は、もしかしたら今夜いただいた料理みたいなラインナップなのかもしれないな。 そんなことを思っていたらそれはお門違い。 こうめさんによると、ベトナム人と中国人のご夫婦がやっているから、なんですって。 なぁーんだ(笑)。

今宵の、城南城北相見えの会のメンバーは、 「おいしい店・うまい店・安い店」のこうめさん 「すべての道はどこかへ通ず」のWoods2106さん 「カレー細胞」のRopefishさん 「日々是油まみれ」の油谷亮子さん 「イエス!フォーリンデブ★」のはっしーさん 「東京ホルモンズの中身のある話」の東京ホルモンズの皆さん 「犬悔い」のいぬわん父さん 「悪あがき女製作所」のkimimatsuさん 「椿の『B級ご当地グルメ保存委員会』」の椿さん 「一合徳利」の一合徳利さん 「ナポリタン×ナポリタン」のナポちん 「しょうが焼きに恋してる」のGingerちん の皆さんでした。 ありがとー。


「華福」 板橋区大山西町54-2[Map] 03-3956-1866
column/03082

「ベトナム・中華料理「華福」で 大山で越南と中華が並び立つ謎」への4件のフィードバック

  1. 先日はお疲れ様でした。
    また、わざわざ大山までお越し頂き、ありがとうございました。
    今回、残念ながら席が離れてしまい、あまりお話しする機会はありませんでしたが、今度は城南地区でやろうと考えておりますので、また、宜しくお願いいたします。

  2. Re:こうめさま
    どうも、お疲れさまでした。
    思えば、奥に長い部屋でしたねー(笑)。
    城南ではどの店がいいのだろ。そのあたりは、城南党首のGingerちんにオマカセで♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*