Bar「Tenderly」でハイボール涼味カルヴァトスの大人かき氷と

tenderly山王小学校通りの「大連」を後にして、 大森駅北口改札に戻る。 じゃぁねと仲間を見送って、折角大森にいるのだものとそのまま向こう側へと足を向けます。 「ちょっとバーに寄っていこうぜ」。 「バーって、あのバー?」 「あれ?行ったことあったっけ?」 そうだ、京急蒲田のコスタリカ料理の店のあと、 寄ったことがあったっけね。 その後を振り返っても、おそらく一年弱振りの「Tenderly」です。
腰掛けたカウンターの眼前に置かれていたのが、 ここにきて急速に認知を増したであろう、角の亀甲ボトル。tenderly01.jpgなぜか空のボトルと開栓前のボトルが並んでいて、ウイスキーのまだ満ちているボトルは冷え冷えに霜がついていて、涼感を誘います。 偶然かおススメかは判らないけれど、 その状況でハイボールにイカナイ手はありません。 そうお願いすると、「氷を入れないスタイルですがよろしいですか?」と訊かれる。 あ、サンボアスタイルですね、うん、じゃそれで。 檸檬のピールを三度施されたグラスに、 鼻先をこっそりふんふんしてからグラスを傾ける。tenderly02.jpgおウチで、ラフな作り方で呑む角ハイボールも旨いけれど、 こうして精緻に整ったバランスでいただくハイボールの心地いいことといったら、 もう(笑)。 今度は、バックバーの正面やや左手に見慣れたまん丸のボトルを見つけました。 ゴールドにラッピングされたボトルにブラックのボトル。 流石に「Dry」のボトルは並んでいませんが、ここはひとつ、 「モーツァルト」でなにかカクテルを仕立てていただきましょう。 チョコレートリキュール「Gold」にコニャック「Hennessy」、生クリームがその主なレシピ。 やっぱりクリームな仕立てにはなるのだなぁと思いつつ、カカオの鏤められたグラスを見詰めます。tenderly03.jpgうんうん、チョコレート風味のコク味がさらっとしていて、そこへスピリッツな香気が輪郭を添える、こっそり大人な装いのカクテルであります。 そして、バックバー正面やや右手でどうしても視線に入ってくるのが、 幟に飾る、青地に赤い「氷」の文字。 ロレンスさんが涼んでいたのはきっとこれだなぁと思い出して、 この夏の暑気をひとつ払うべく。tenderly04.jpg一見、氷イチゴ?という景色のグラスではありますが、勿論そんなおこちゃまな氷ではありません。 かかっている赤のシロップは、自家製したというグレナデンとカルヴァドス。 tenderly05.jpg粗めに削った氷をしゃくしゃくすると、大人のかき氷はカルヴァドスがキリッと攻める。 氷が溶けかかれば、グレナデンの赤鮮やかなカクテルへと昇華する。 へへへ、意外とこれ、結構効きます(笑)。

いつも安堵とともに柔らかな気分にさせてくれる、バー「テンダリー」。tenderly06.jpgせめて、季節ごとには訪れたいな。 口関連記事:  Bar「Tenderly」で 店名を冠したカクテルと円やかな気遣い(07年04月)  Bar「Tenderly」で 梅雨の頃M30-レインとalmost there(07年06月)  中国家庭料理「大連」で 蒸餃子鍋貼児湯餃子に浅蜊水餃子の宴(10年08月)  コスタリカ料理「二葉」で セビーチェタマーレス不思議な折衷の店(07年04月)


「Tenderly」 大田区大森北1-33-11大森北パークビル2F[Map] 03-3298-2155 http://www.tenderly.gr.jp/
column/03022

「Bar「Tenderly」でハイボール涼味カルヴァトスの大人かき氷と」への2件のフィードバック

  1. 大連からテンダリー!
    対角線のハシゴはこの夏にはキツイなぁ(汗
    そういえば、蒲田でディープなお店へ行きました。
    まさぴさんが好きそうなディープなお店(笑)

  2. Re:ロレンスさま
    いえいえ、うだうだ話ながら歩いてたら、あっと云う間に着いたよ。
    え?蒲田でディープな店といえば…。
    どこだろ?工学院通りのあの店とか…。
    えー、どこどこ(笑)?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*