釜めしやき鳥「与志万」で 名物かき釜めしホフハフご飯と磯風味

yoshiman.jpg冷たい雨のそぼ降る銀座。 串揚げ「アンジュ」のある通りを歩いていると見つかるのが、角柱型のスタンド看板の上に載った羽釜。 そのお釜には、プレートがぶら下げてあって、「名物かき釜めし」と書いてある。 あ、ここがいつぞやのむのむさんが日記してたお店かと、看板の奥を覗き込む。 通路の奥の提灯で誘っているのが「与志万」だ。
冷えた両手を擦りながら、コの字に回したカウンターの隅に腰掛ける。yoshiman01.jpg目の前の硝子ケースの中には、今はなにもないものの、 清潔に整えられたその様子が気持ちいい。 夜の部のお品書きyoshiman02.jpgの筆頭は、串焼き(やき鳥)だ。 yoshiman03.jpgランチメニューはというと、目的の「かき釜めし」に続けて、 「五目釜めし」「竹の子構えめし」「えび釜めし」「しいたけ釜めし」「とりぞぼろ釜めし」「かに釜めし」「鮭釜めし」「穴子釜めし」と釜めしラインナップがずらっと並んでいます。 熱いので気をつけてくださいね、 という声とともに「かき釜めし」のお釜がやってきました。 パカリと蓋を外せば、沸き上がる湯気。yoshiman04.jpgグリーンピースを彩りに、牡蠣や竹の子、椎茸なんかの具材がごろごろっと載っている。 左隅から箸の先を入れて、ホフハフしながら口へと運ぶ。 ご飯全体を包む香りと牡蠣の磯な風味が相俟って、うん、いい。yoshiman05.jpgホクホクとしたご飯の温かさに、胃の俯からみるみる温まってゆきます。 後半には、釜の底辺りから薄っすらとしたおこげが現れて、香ばしさと焼おにぎり的歯触りが愉しめる。yoshiman06.jpg牡蠣を仕込んだ焼きおにぎりって、どこかで作ってくれないかなぁ、 なんて妄想が広がります(笑)。 銀座の真ん中の縄暖簾、釜めし・やき鳥「与志万」。yoshiman07.jpgやき鳥でちょっと呑って、釜めしで食事する。 きっと、そんな諸先輩も多いだろうことが容易に想像できるであります。 口関連記事:  串揚げ「アンジュ」 で 今年もカキ料理片栗に揚げた牡蠣かきそば(09年10月) 口オイスターパラダイスブログ:「カキタベ! ~牡蠣を食べよう!~」 「与志万」 中央区銀座3-3-6 モリタビル1F [Map] 03-3567-1767
column/02919 @980-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*