イタリアン・バール「BARDIGO」で ネグローニとカキスパゲッティ

bardigo.jpg野菜とキノコを活かしたお皿たちを堪能した「クーリ」を後にして、新富町の裏通り。 ずっと気になっている「トニーの店」の前に立つも、中からカラオケをがなるオッチャンの声が漏れてきて、渋いバーであったらいいのに、という期待はどうやら当ての違うものだったらしい。 少々残念な心持ちと、それでも一度訪ねちゃおうかなという野望(笑)を抱えたまま、首都高・京橋ランプの方へ向かって歩く。 目的地は、その京橋ランプ入口のすぐ脇にあるバール、「BARDIGO」だ。
店入口の両脇に置かれたテーブルにも先客さんがあって、空席があるか心配になるも、 ちょうど空いたテーブルがあって、すんなりとそこへ潜り込む。 週末のちょい深い時間帯の店内は、バールらしい賑やかさに包まれています。 カジュアルなカクテルが気分かなぁとメニューを漁って、指差したのが「ネグローニ」。 ジンベースで、カンパリとベルモットによる鮮やかな夕焼けのような色相のグラスだ。bardigo01.jpgフィレンツェの老舗リストランテ「カソーニ」が、常連客の伯爵ネグローニのために食前酒としてつくり、伯爵の名を冠するのを許可されたものらしい。 イタリアン・バールに似合いのカクテルのひとつ、ってことになるね。 そんなグラスになにかお供をとメニューを辿って目に留ったのが「カキと水菜のスパゲッティ」。 お腹は十分に満たされていても、「カキタベニスト」精神がひょっこり顔を出すのです(笑)。 Sサイズでお願いできるのが嬉しいぞ。bardigo02.jpg想定通りのお皿全体に小振りの牡蠣の風味がちゃんと廻ってる。 気仙沼の「生牡蠣」や「牡蠣のラルド巻きフリット」の用意もあるんだね。 どこからともなく夜な夜な仲間が集まってカジュアルに愉しんでいる、 そんなイメージのイタリアン・バール「BARDIGO」。bardigo03.jpg70年代のBGMが醸す懐かしさがオッチャンたちにも居心地のいい空間にしています。 口関連記事:Restaurant「Coulis」で 彩り野菜の活力長野収穫のキノコたち(09年10月) 口オイスターパラダイスブログ:「カキタベ! ~牡蠣を食べよう!~」。 「BARDIGO」 中央区新富1-4-3 レプレビル1F [Map] 03-3551-5535
column/02893

「イタリアン・バール「BARDIGO」で ネグローニとカキスパゲッティ」への2件のフィードバック

  1. 夫を誘い行って参りました。
    オープンと同時に入店。
    19時半まではドリンクが40%OFFとか。
    生牡蠣、いさきのカルパッチョ、田舎風パテ、仔羊のロースト、パスタなど美味しく頂きました。
    土曜日の早い時間のせいか常連さんが2~3人のみ、おかげでゆっくり過ごせました。

  2. Re:Rさま
    気取らないお皿で、週末のハッピーアワーですね。
    週末はもっと「地元」チックにカジュアルな雰囲気なのでしょうね。
    なんだかゆったりした時間の光景が伝わるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*