洋食「レストラン大宮」で奇跡の牡蠣安芸の一粒で馳走カキフライ

omiya.jpg初めて訪れた時は印象の良くなかった、 浅草寺脇の「レストラン大宮」。 カウンターの正面にする大宮シェフが何故だか大層ご機嫌が悪く、強面なシェフの顔が怒気に満ちていた。 そのピリピリとした雰囲気が愉しく美味しくいただこうとしているカウンターのこちら側にも伝わってきて、とっても遣る瀬なかったことを今でも思い出す。 丸ビルの店でにこやかに応対するシェフをみて、なんだか妙な安心をしたこともまた思い出せる。 その「レストラン大宮」へ、これは絶対行かなくちゃ!と思ったのは、とあるTV番組を観たからなんだ。
その番組は、テレ朝の「地球号食堂~エコめし宣言」。 地球にも、身近な環境にも、人にも優しくなれるオリジナルメニューを目指して、安心・安全な食材の生産者を訪ね、その厳選食材を趣旨に賛同したレストランに委ねる。 そんな番組第4号の食材が、牡蠣どころ広島の「安芸の一粒」だったのだ。 牡蠣ひと筋35年という島田水産のオッチャンがつくる牡蠣は、同じ広島圏の牡蠣ともはっきりとした違いをみせているという。 海の男らしい厳つい風貌に似合わず、顕微鏡を覗き込んでは、いいDNAの牡蠣を掛け合わせてサラブレッドな牡蠣の稚貝を生み出す。 その親牡蠣となっているのは、厳島神社の大鳥居周辺の干潟の岩に付着している牡蠣たち。 そして、その干潟での養殖が「安芸の一粒」の魅力を格段に増しているのだと。 浅瀬ゆえ水温の変動が大きく、温度が下がればぐんと引き締まる牡蠣。 干満の差も影響して、水面から出て陽に晒される状態に耐えようと引き締まる牡蠣。 そして、干潟に住むさまざまな生物たちが穴を掘ったりして耕すようにして環境を活性化、豊富なプランクトンを生んで養分を蓄える牡蠣。 そんな干潟が残っているのは、世界遺産・厳島神社あればこそ。 云わば、世界遺産が守る干潟が生む、奇跡の牡蠣、という訳なんだ。 ほうほうと思いながら、その「安芸の一粒」を使ったオリジナルメニューをどの店に任せるのだろうと観ていたら、それがあの「レストラン大宮」。 大宮シェフ自らでなく、若きシェフに挑ませた「安芸の一粒」を使ったオリジナル料理は、 「カキフライ」。 そのカキフライを試食した大宮シェフは、口髭をひくっとさせて「いいんじゃな~い」と。 期間限定(10/27~11/01)、一日10食という限定モードにも引っ張られて、ラーメン屋ならぬ洋食屋に開店前のシャッター状態(笑)。 定時ちょっと前に、カウンターの人となりました。 omiya01.jpg 卓上に「地球号食堂」からのメニューを紹介するプレートがあって、「コレください」。 通常メニューでいうところの、一番下段「Omiyaお勧めのフライ」が「安芸の一粒 カキフライ」だということになる。 油の沸くような弾けるような音がカウンターの中から聞こえてくる。 カキフライを調理しているのは、番組でも紹介された若きシェフなんだろな。 「お待たせしました」と「カキフライ」のお皿がやってきました。omiya02.jpg 定番的5つのフライにたっぷりのタルタルが添えられています。omiya03.jpg パン粉パン粉した衣とは違って、細かな粒子で包んで揚げ焼きしたような表情をしている。国産小麦粉で自家製したフランスパンを細かくおろし、そこへパルメザンチーズと刻んだバジルを混ぜ込んだものを衣にしているんだ。 どれどれとそっと齧ると、その衣がカリっとしながら、チーズとバジルの風味を一瞬過らせる。 と、その直後に中の牡蠣の身が堰を切ったように弾け、押し寄せる。omiya05.jpgドワッ!と広がる鮮烈な旨みの海。 うひゃひゃひゃ、こりゃ堪らん。 これが「安芸の一粒」かぁと、その地力を垣間見ちゃった感じだ。 そして、たっぷしのタルタルもなかなかに絶妙。omiya06.jpgニンニクと鷹の爪を一緒におろし、卵黄とオリーブオイルでマヨネーズを作り、そこへ刻んだ茹で玉子、トマト、玉葱、バジルを混ぜ合わせたもの。 ちょっとした辛み風味とちょっとしたトマトの酸味がタルタルのコク味にいい輪郭を添えていて、揚げ焼きカキフライによ~くマッチしているんだ。 うんうん、ご馳走さまです。 泰然自若が新進気鋭を琢磨する、老舗洋食「レストラン大宮」。omiya07.jpg「安芸の一粒」を育んでくれた厳島神社大鳥居を望む干潟と島田水産のオッチャンとオリジナルフライを考案してくれた若きシェフとそのシェフを育てた大宮シェフに感謝を思う、浅草のお昼どきでありました。 「安芸の一粒」は、在京のいくつかのレストランでも食べられるようなので、 そちらにも行かなくちゃ(笑)。 口オイスターパラダイスブログ:「カキタベ! ~牡蠣を食べよう!~」。 「レストラン大宮」 台東区浅草2-1-3 [Map] 03-3844-0038 http://0038.info/
column/02888 @2,450-

「洋食「レストラン大宮」で奇跡の牡蠣安芸の一粒で馳走カキフライ」への4件のフィードバック

  1. まさぴ。さま。
    テレビでとりあげられたから、知らないけど行ってみる。というお客様の多いなか、「知っているけど得た知識を基にもう一度」というまさぴ。さまのような再訪の君がいらっしゃるというのはお店としてもとても嬉しいものだと思います。
    美味しそうな牡蠣ですね!!!タルタルがまた。。。
    瑞々しそうなサラダも、良いお店なんだなぁと思わせます。
    これでオーストリアの白ワインなんていきたいですね〜。

  2. Re:ひさしぶりのおウチ呑みららち@酔っ払いさま
    実は、お店の前を通りかかっても、あの怒気に満ちた顔が浮かんでなかなかドアを開けられなかったというのが正直なところでして(笑)。
    でもでも、なかなか記憶に残るカキフライでしたよ~。
    もう期間終わっちゃったけど、定番にしたりしないのかぁ。
    車移動だったので、ワインと洒落込めなかったけど、ん、オーストリアの白かぁ、傾向としてはドライな感じ?フルーチーな感じ?

  3. まさぴ。ナイト様。
    かなりドライです。もう、ミネラルな味がするくらい苦くてパンチがあるものさえあります。
    それでいてお花畑の匂いがしたりするもんですから、なかなか整理して理解するのに困っちゃったりもします。
    良いですよ、オーストリアのシンプルなグリューナー・ヴェルトリーナー。
    きっとまさぴ。様、好みだと思います☆

  4. Re:ららち@更に酔っ払いさま
    ほー、面白そう♪
    きりりとしてボディもありつつ、ひとクセあって、お花畑とはなんだかめくるめく感じ。
    オーストリアの白、買わなくちゃだね~。
    それで家呑みだぁ(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*