SHOT BAR「もるとや」で カウンター眺めBRUICHLADDICH

morutoya.jpg庚申塚の「御代家」から荒川線で流れて、池袋。 池袋周辺で、モルトを呑めるバーとしてずっと気になっていたのが、その名もそのままな「もるとや」。 東池袋一丁目信号の交差点に面した建物のすぐ裏手。 樽の天板が描く円に「SHOT BAR もるとや」。 こんなところにあったんだー、などと云いながら、その扉を開きました。
テーブルから眺めるカウンターとバックバーがつくる光景は、なかなかに印象的。morutoya01.jpgカウンターにはパルミジャーノ・レッジャーノのそれと思しき半円を望み、その背後には高く3段の棚がボトルたちをどこか神々しく飾っています。 morutoya04.jpg仲間のひとりは、「ポートエレンはなにがありますか」という問いに応じて並べられたボトルたちを前に、そのお値段と興味と妙な使命感との間で苦悩している(笑)。 それを横目に、今日はもうエー加減呑んじゃってるので一杯舐めるだけにしようと、アイラから選んでみることにします。 今夜の一杯は、「ブルイックラディBRUICHLADDICH 20年」。 「もるとや」には、解説を付したモルトのメニューもあって、そこには、アイラ西海岸のロッホ・インダール湾にある、アイラで最も西にある蒸留所であると記してくれている。 ピーティーなヤツ、アイラにしては穏やかなヤツと、さまざまなボトリングがされているという。 ラベルには、THE CLYDESDALE ORIGINALとある。morutoya02.jpgそのボトルから注がれたグラスの琥珀は、どちらかといえば後者で、クリアーな呑み口に落ち着いたピートの薫り。 うん、なるほど。 きっと世のモルト好きさんたちには、名の知れたバー「もるとや」。morutoya03.jpgこの7月には、12周年を迎えたらしい。 いつか、江古田の兄弟店にもお邪魔したいと思います。 口関連記事:庚申塚「御代家」で めぬけかぶと煮かんはつもと都電のホーム(09年08月) 「もるとや」 豊島区東池袋1-8-6 DKY12ビル1F [Map] 03-5952-9277 http://www.morutoya.com/
column/02869 @2,700-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*