みやざき地頭鶏「豆竜」で チキンタルタル南蛮じとっこ炭火焼き

mameryu.jpg定期的に次々とテナントが入れ替わる場所というのもあるもので。 確かその前は、「うり坊」だったところが変わってしまっているなぁと眺めたのも随分前のことになりました。 今のお店は、みやざき地頭鶏「豆竜」。 ランチでも美味しい鶏をいただけるのかな。
「豆竜」ランチmameryu01.jpgは、全8種類。鶏モノに加え、豚モノのメニューもいくつか混在しています。 mameryu02.jpg メニュー筆頭で、なぜだか「一番人気?!」と疑問形が添えられた「チキンタルタル南蛮定食」をお願いしました。 衣サクサクとした唐揚げに、たっぷりのタルタルソースがかけられていて、タルタル好きには、それはちょっとズルいじゃん、の仕立て。mameryu03.jpgジューシーな鶏の身とタルタルの玉子風味がいい具合に共鳴して、ソソるご飯のおかずに昇華する。 mameryu04.jpgmameryu05.jpg トンカツをタルタルソースでと思うとちょっと違う気もしてくるけど、チキンカツにはなんら違和感がないのは何故でしょうね。 日を改めて、暑い昼。 暑いのに選んだのは、「じとっこ炭火焼鉄板定食」。 カウンターから硝子で仕切られた厨房を眺めて、へー、炭火の上で転がすように焼くのだなぁと思った瞬間、天井にまで達する火柱が上がった。 俗に云う、ファイヤー!ですね(笑)。 そうして焼き上がった「じとっこ」が、焼けてアチチな鉄鍋に載せられてやってくるという寸法です。 炭火で炙ったせいか、鶏の表面が黒く染まっています。mameryu06.jpg一応フーフーしてから齧りついたものの、さすが地鶏の身の締まり。 噛み切ろうとハグハグした瞬間に、案の定見事に上顎を火傷することに(泣)。 mameryu07.jpgmameryu08.jpg 柚子胡椒かなんかのっけつつ、齧り噛み切るじとっこは、噛むほどに滋味が滲んでくるのだけれど、いかんせん硬いなぁ。 そのあたりは、裏腹なものなのでしょうね。 mameryu09.jpgみやざき地頭鶏、地鶏・地酒の専門店を謳う「豆竜」。 ただ、みやざき料理の店という訳でもなくって、 例えば岩手県産「岩中豚」のメニューもある。 提灯にあるように、「炭火焼居酒屋」と呼ぶのが正答なのかもしれません。 「豆竜」八丁堀店 中央区八丁堀1-5-2 はごろもビル1F [Map] 03-5541-9944
column/02856 @800-

「みやざき地頭鶏「豆竜」で チキンタルタル南蛮じとっこ炭火焼き」への5件のフィードバック

  1. ここ、2度ほどお邪魔しました。
    1度目は遅い時間だったので、豚の炭火焼定食しかなく
    それをお願いしました。炭火の香りが心地よく
    実に旨かったです。
    で、満をじして2度目の挑戦では自信を持って
    じっとこ定食を注文、がっ品薄でランチからは
    外したとのことです。夜いくしかないな。
    代わりに頼んだ鶏南蛮?はしっかりした味付けで
    おいしゅうございましたw。

  2. Re:puzzさま
    「豆竜」は、チキンタルタル南蛮のイメージが強いです。いまもメニューに載っているのでしょうか。

  3. まさぴ。さん、
    一大事です。
    豆竜、閉店です。
    油断してました。ちょっとショックっす。

  4. Re:puzzさま
    ああ、そこにも閉店の憂き目が…。
    チキンタルタル南蛮、もっかい食べておくんでしたー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*