KHEEMA CURRY「LION SHARE」でドライキーマとチキンカリー

lionshare.jpg代々木駅西口から西参道へ向けて下る道。 にぼしラーメンの名が廃る、そんな印象が残る「たけにぼ」を過ぎて、その先の小田急のガードを潜れば、そうそう、ローマピッツァが旨い店「IL PENTITO」だ。 でも今夜の目的地はそこじゃない。 そのちょっと手前にあるカレーハウス「ライオン・シェア」を今宵の止まり木に。
夜のカフェ風に照度を落とした店内は、白い壁と木の温もりで構成したお洒落感。 奥のテーブルに案内いただいて、ギネスをお願いしてからMENUを眺めます。lionshare01.jpg lionshare02.jpgおつまみにと添えてもらった「酢たまご」は、ラーメン店の必需品”煮玉子”ではなくて、”酢”玉子。 ま、そうは云っても、姿は半切した半熟煮玉子なのだけど、その名の通り酸味が利いていて、あっさりとさせつつも玉子のコクの旨さを浮き彫りにするようで、なんとも不思議な美味しさ。 お代わりしようかと思っちゃったもん(笑)。 謂わば、「ライオン・シェア」のスペシャリテの「ドライキーマカリー」を、「ドライキーマカリーのレタス包み」でいただいてみちゃおうという気分になりました。 lionshare03.jpglionshare04.jpg 大きなお皿に、キーマを収めたボウルと刻んだトマトやアチャール(ピクルスの一種)が載り、サニーレタスがこんもりと盛られてきました。 針生姜とキーマ、トマトにアチャールを纏めるようにレタスの真ん中にのっけて、あとは極力零れ落ちないように包んで、そのままぱくり。lionshare05.jpgまさにパラパラとしたキーマは、パラパラしつつもしっとりと旨味をそこへ凝縮させたような食べ口で、レタスのシャッキリともいいコンビ。 いいね、いいね。 他にも、「きゅうりのナンプラー漬け」とか「カリフラワーのスパイス炒め」とか「キーマチーズサモサ」とか、何気にセンスを窺わせるサイドメニューが揃っています。 と、そこへ、辛口とあるのでダイジョブカナ?と自問しながら(笑)お願いしていた「ほうれんそうとチキンのカリー」がやってきた。lionshare06.jpg スープカレーよろしく、カリーの入った鉄鍋的黒い器とライスを盛った白いお皿。 ライスは、三分つきの玄米だという。 カリーの中のチキンを解し、骨を外し、ライスをスプーンで掬ってカリーの海に浸す。 ん?お?おお!やっぱりなかなかにホット~であります(笑)。 玄米のパラパラ加減がいい具合にその辛さを軽くしてくれている。 ああ、でも、旨いねー。 流れる汗や洟水に襲われるのはいつものこと(笑)なので、汗を拭い、鼻を抑えつつ、一心不乱に食べ進む。lionshare07.jpgチキンの身が甘いほどに感じられ、ハフハフ。 くたっとたっぷりカリーを含んだ菠薐草がまた、しどけなく。 おー、いいーねー(笑)。 ちょっとハヒハヒになっちゃった口の中を宥めようと「自家製チャイアイス」を貰ったら、これがまた泣かせる美味しさ。lionshare08.jpgチャイのあの、カルダモンかシナモンかの香りが舐めるほどに深~く広がって、はぁ♪ってな感じなんだ(笑)。 lionshare09.jpg 西参道近くで、円いサインにライオンのイラストが見つかったら、 それが「LION SHARE」。lionshare10.jpg松本のシュプラ(山猫軒)というカレー屋の虜になったことがことの起こり、とWebサイトにある。 店名の「LION SHARE」は、イソップ物語に由来するLion’s Share(最大の分け前、旨い汁)からきているのかな、それとも別の意味があるのかな。 時季になったら、「牡蠣カレー」で「カキタベ!」しなくっちゃ、だ。 口関連記事:PIZZERIA ROMANA「IL PENTITO」で自慢薪窯唸るピッツア(05年04月) 「LION SHARE」 渋谷区代々木3-1-7 [Map] 03-3320-9020 http://www.lionshare.jp/
column/02855 @3,100-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*