麺楽喰座「井田商店」で 特醤油特塩つけ太麺井出商店にあらず

idashouten.jpg荏原中延でラーメンといえば、ご存じ「多賀野」。 大御所大崎さんも辿った経路をなぞるように、「多賀野」の店の様子を横目にそのまま進む。 するとそこには、「昭和通り Shopping Town」と大きく示すネオン。 ところがその先の通りは商店の灯りも疎らで、その暗がりとネオンの派手さのコントラストが、随分と寂れた町を訪れちゃったな的気分を誘います。 そしてそのネオンゲートの足下にあるのが、「井田商店」。
ん?こんなところに「井出商店」?と思うヒトも少なくないはず。idashouten01.jpg狙ってない?いやいや、知らないはずはありません(笑)。 店内はL字のカウンターと左手の壁に向かう席。 赤いスツールが迎えます。 「井田商店」のラーメンは、醤油か塩か。 味玉、チャーシュー増し、ネギ増し、海苔増しにトッピングを盛った「特醤油ラーメン」をいただきます。 湖面の所々に脂の粒子がふつふつと浮かび、啜ればきりっと醤油の利いたスープ。idashouten03.jpg 随分前に食べた、あの店のスープに似ているのだけれど、それがどこだか思い出せないのがもどかしい。 麺は縮れの少ない細麺で、 見た目の濃さとは裏腹に意外とあっさりしたスープとのバランスは悪くない。 idashouten02.jpgidashouten04.jpg でももうちょっとなにか、ひと押しが欲しい、そんな気分になる。 idashouten05.jpg後日改め、「塩つけめん」も特盛りで。 つけツユを塩で出しちゃうってことは、スープに自信がなければできないことだよなーと思いながら、薄茶色のツユに太麺を泳がすようにして啜ります。 idashouten06.jpgidashouten07.jpg ああ、ツユが塩辛い。 大概つけ汁は塩辛い傾向のものではあるけれど、コシがあるというよりはどこか硬質な印象の太麺と拮抗させようとするうちに、どんどん塩が強くなってしまったかのよう。 それでいて、シズルな惹きがあまり感じられないのが、残念か。 荏原中延、昭和通りのネオンの下の麺楽喰座「井田商店」。idashouten08.jpgもうひと超えスープ自体に力強さがほしい、そう思います。 こんな感じが個性なのかもとも思いつつ。 口関連記事:中華そば 「井出商店」 で雑味なき豚骨スープに細麺中華そば(07年09月) 「井田商店」 品川区中延2-16-8 [Map] 03-6426-4616
column/02825 @850-

「麺楽喰座「井田商店」で 特醤油特塩つけ太麺井出商店にあらず」への2件のフィードバック

  1. ほ~ここに和歌山ラーメン店があるのね。
    初めてラ博で食べたときが懐かしい。
    って、あれ違うのかぁ!?
    「井出商店」と「井田商店」。
    う~ん、紛らわし過ぎる。

  2. Re:ヒロキエさま
    そーなんです。
    一瞬、「ええっ!?こんなところに井出商店が?」って驚かされましたもん。
    もしかして和歌山どころか、新横浜へも行かなくても食べれる!なーんて(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*