博多麺房「赤のれん」で チャーシュゥめん博多ラーメンとの出会い

akanoren.jpg最初に西麻布へと下る坂道のこの店を訪れたのは、 いつのことだったろう。 博多ラーメンというジャンルに初めて出会い、すっかり嵌まったのは、なんだかんだ云ってもこの店の到来に起因している気がする。 その流れで、「じゃんがら」に通うことになったんじゃなかったかな。 その博多ラーメン「赤のれん」へ、 久し振りに寄ってみました。
すっかり縁遠くなった六本木ヒルズ前から霞町の底へ向かってずっと坂を辿ると見つかる、赤い暖簾に一抹の懐かしさが過ぎります。 きっとあの頃のままなンだろなぁと思いながら、L字カウンターの奥へ。 捻り鉢巻の兄さんたちスタッフの年嵩や肝の据わった覇気と落ち着きに、ちょっとした老舗の風格を思ったりする。 akanoren02.jpg「チャーシュゥめん」に「のり」「味つけ玉子」を添えてもらいます。 ラーメンに「のり」トッピングをセットしちゃう習慣も、「赤のれん」「じゃんがら」での繰り返しが習慣化したものだと今気づいたりして、ね。akanoren01.jpg褐色に白濁したスープにチャーシューの焼き目が絵を描くドンブリ。 少々慌て気味に(笑)、レンゲを手にスープを啜る。 ザ・乳化とでも詠んでしまいそうなマイルドスープに意外とあっさりしたコク味。 あの頃はもっと、屋台の醍醐味の片鱗をみるようなトンコツの野生が毅然とあったような気がするのだけれど、時代の趨勢か、世のニーズにアジャストさせるような調整がよりなされているのかもしれません。 akanoren03.jpgakanoren04.jpg 振り返れば、女性おひとりの客が三人に子供連れのお母さん。 なるほどなぁ、でもこれはこれで悪くないなぁと思いながら、啜る極細麺。 このちょっと平たい細麺も初めて食べた時は、おおおと刮目したことを思い出す。 「麺カタで!」と叫ぶのが常であったなぁと。akanoren05.jpgうーん、久し振りに替え玉しちゃいましょう(笑)。 きっとあの頃はなかったのじゃないかなぁと思うのが、「赤のれん」の「味噌らぁめん」akanoren06.jpg。 再訪しての「野菜盛トンコツ味噌らぁめん」をやっぱり「のり」トッピングでお願いします。 わざわざ”トンコツ”と断らなくてもいいのになぁと考えつつ、でもそうしないとキャラクターが不明で「どんなの?」と訊くひとが増えるかもなと考え直す。 一見するスープの表情は、やや白っぽいものの、「らぁめん」と極端な差異はない。akanoren07.jpg白味噌の甘さが優しくて、品よく纏めた今のスープにはこういう仕立てでバランスをとることになるのだねとひとりごち。 akanoren08.jpgakanoren09.jpg 例えば、「ど・みそ」の味噌ダレを導入しようとしても、そうするとスープが弱いってことになっちゃうのかな。 でもでも、すんなりと舌に馴染んでするりと胃の腑に収まって、気持ちも満足なんだけどね。 akanoren10.jpg 西麻布「赤のれん」が、博多「赤のれん」から暖簾分けするかたちで東京に誕生したのが1978年のこと。もう30年にもなるのだね。akanoren11.jpg新店と閉店が交差するラーメン界にあって、この店もずっと此処にあって欲しい店の一軒です。 口関連記事:博多らーめん「赤のれん」で 濃くクセないスープと極細麺の健在(03年05月) 「赤のれん」 港区西麻布3-21-24 第五中岡ビル1F [Map] 03-3408-4775
column/00651 @1,100-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*