洋食屋「Fujiya」で 的矢産フレッシュカキフライ旨味洪水うひょ~

fujiya.jpg最寄り駅はといえば、 堺筋本町と谷町四丁目のちょうど中間あたり。 本町通り沿いの雑居ビル。 地階がちょっとした飲食店フロアになっていて、 案内を見るとなんだか気になるうどん店や小料理屋なんかが並んでる。 そして、地階の一角に、ただ”洋食屋”と謳うお店がある。 今日は、その「Fujiya」でランチです。
左手にカウンターがあって、右手にテーブルが2卓。 カウンターの奥でコック帽がふたつ、忙しそうに動いています。 fujiya01.jpgキャビネットの左手にランチメニューの黒板が掲げてあって、「本日のランチ」「帆立とエビのクリームコロッケ定食」「ハンバーグ定食」などといったアンダー千円メニューから、「車エビフライ定食」「スペシャル定食」「近江牛テリヤキ定食」といった二千円オーバーものがラインナップ。 よくみると、「近江牛ステーキ定食」四千円なんてのもあるね。 お願いしたのは勿論(?)、メニュー筆頭の「的矢産カキフライ定食」。 黒板では、「カキ」の文字の上に、”フレッシュ”の文字が添えられています。 少々恭しく届けられたお皿には、牡蠣のフライがお約束の5個盛り。fujiya02.jpg 丁寧に揚げた南瓜やしっとりと柔らかに煮た蕪といったつけ合わせにちょっとした風格を思いながら、フライにさっと柑橘を搾る。fujiya03.jpg そのまま口に入れ、さくん♪とカジれば、もう大変(笑)。 衣の軽やかさに同機するように澄んだ牡蠣の身のジュースが溢れ出す。 fujiya04.jpgfujiya05.jpgfujiya06.jpg そしてそれらの無垢な味わいと反比例するように、膨らみを増す旨味の洪水。 うひょ~、であります。 たとえ仕立ては違えども、本尊「三洲屋」を思い出すトキメキがここにもある。 当然のことながら、牡蠣そのものの質や鮮度が、フライの魅力に端的に現れるのを垣間見たような気分になったりするのだな。 コック帽が凛々しい、内本町の洋食屋「Fujiya」。 fujiya07.jpg 大阪で旨いカキフライ食べたきゃココへ行け、と云われているとかいないとか。 何れにせよ、お昼どきは空席待ち必至のようです。 「Fujiya」 大阪市中央区内本町2-3-8 ダイヤパレスビルB1 [Map] 06-6941-7283
column/02765 @1,000-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*