とんかつ「かつ新」で ランチのランチに肉汁滾るロース生姜焼き

katusshin2.jpgここにも再開発の影がひたひたと迫っているのか。 大将のキャラが特異だった寿司「鮨の市」も、 有名てんぷら処「みかわ」の支店も、 とうになくなっている八丁堀の一角。 そして、とんかつ「かつ新」に移転のお知らせkatusshin2_01.jpgが貼られたのが11月のことでした。 長年に亘り親しんできた「かつ新」がどこか遠くへ行ってしまうのかと、切なさを一瞬込み上げつつ良く読むと、移転先はお隣のブロック。 「すしふじ」の跡に手を入れて、12月半ばに新装開店を果たしました。 開店数日後に寄ってみる。 マスターはじめ、見知った顔が真新しい内装の景色の中にいるのが、ちょっとこそばゆいような心持ちにさせます。 katusshin2_02.jpg 「かつ新」でランチと云えばやっぱり、 「ランチ」という名のランチ(笑)。katusshin2_03.jpgつまりはロースかつの定食なのだけど、気取らず騒がず頃合いよく、これがなかなか秀逸な定番になっている。 席に着く前に、「ランチ!」と叫ぶお客さんも少なくないのだ。 再び訪れたカウンターでお品書きkatusshin2_04.jpgを改めたら、こんな一行を見つけた。 それは、「ロース生姜焼き定食」。 移転前からあったのだろうねぇと思いながら、少々値の張るその定食をお願いしました。 ああ、なんとも艶やかな、厚切りロース肉の並びを見よ!katusshin2_05.jpg焼きの加減も香ばしくしたエッジもニクい肉たちが、ややとろみを伴ったソースにくるまっている。 もうちょっと生姜を利かせちゃってもいい気もするけど、 噛んですっと歯の先に応えて旨味汁を滾らせる。 katusshin2_06.jpgkatusshin2_07.jpg ぬははは~と大満足の贅沢盛り生姜焼き。 知らなかったなぁ。 「ヒレ生姜焼き定食」もあるよって、Gingerちゃんにお知らせしなくっちゃ(笑)。 ご近所移転に安堵のお馴染み、とんかつ「かつ新」。katusshin2_08.jpg店頭のスタンド看板を良く見たら、ビールがモチーフになっているのに気がついてニヤリ。 そうそう、「エビフライ」はあるのに「カキフライ」は何故品書きにないのか、訊いてみなくっちゃ。 口関連記事:   伊豆地魚にぎり「鮨の市」で静岡の地酒メバル煮魚大将の駄洒落(07年01月) 「かつ新」 中央区八丁堀2-18-3 [Map] 03-3552-7348
column/00163 reprise01 @1,200-

「とんかつ「かつ新」で ランチのランチに肉汁滾るロース生姜焼き」への2件のフィードバック

  1. Re:Gingerさま
    ぜひぜひ~♪
    こういう並びの生姜焼きって割りと珍しい方なんじゃないかなぁなんて勝手に思ってますー(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*