ビストロ「Cave des Vignes」で 黒板巡るナポリタンはビストロ系

cavedesvignes04.jpg木挽町通りでいつも気になるのは、 「Cave des Vignes」と「Vivienne」の黒板。 以前、マガジンハウス周辺からの帰り道で見つけたフレーズが再度書かれていないか、「Cave des Vignes」の黒板をチェックするのが恒例となっていたのです。 その一行は、「スパゲッティー ナポリタン」。 その文字列がこの日の黒板にありました。 急ぎ業務連絡しなくちゃいけませんね、ナポさんに(笑)。
cavedesvignes04_01.jpgココはなかなかにキリッとしたビストロなのだけど、ランチの黒板にはボンゴレとかカルボナーラとかの親しみあるパスタを用意してくれている。 それが週替わりして、「ナポリタン」も巡ってくるという訳なんだ。 すっと差し出されるバゲットを齧って待つお皿。cavedesvignes04_02.jpg それは、橙色を高くこんもりと盛りつけてやってきました。cavedesvignes04_03.jpgふと、「二郎」の野菜マシを連想したりして(笑)。 臭いのが心地いいチーズの香りが鼻先を踊って、いざいざ。 cavedesvignes04_04.jpgcavedesvignes04_05.jpgcavedesvignes04_06.jpg 玉葱、マッシュルーム、ピーマン、ハム、さらにはコーンといったナポらしい具材が愛らしい。 アルデンテを思わせる細めの麺を使っているトコロとお皿のそこにトマトソースがたっぷりと残るトコロは、やっぱりビストロ系。 THE炒め系のナポリタンとはスタンスの違うところでありますね。 ボリュームも意外としっかりめで、うん、満足。 まいどどうも、の木挽町通り地階「カーヴ・デ・ヴィーニュ」。 ナポさんも遠からずレポートしてくれるかな。 口関連記事:  ビストロ「Cave des Vignes」 で青紫蘇も馨るあさりスパゲティ(05年08月)  ビストロ「Cave des Vignes」 でベシャメル滑らか牡蠣グラタン(07年10月)  ビストロ「Cave des Vignes」で トマトのプリンとカシュー豚(08年08月)  bistrot「Vivienne」で 帆立貝のフリットふくよかなその身の甘さ(08年06月) 「Cave des Vignes」 中央区銀座4-13-15 成和銀座ビルB1F [Map] 03-3549-6181
column/01593 reprise03

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*