酒肴処「うまいもん屋」で おまかせイタリアン鍋大将の心意気

umaimonya.jpgご無沙汰してしまっていた、築地「うまいもん屋」。 ただ、お昼どきに前を通る度、「今までに訪れたことがない人はお断り」を旨とする札が立て掛けられているのは目にしていて、観光スポット化してしまい、我慢ならない客がいたとか、普段使いの常連が入れなくなったとか、そんなことでもあったのかなぁと考えていました。 今夜は、その「うまいもん屋」で、「くにろくOFF」忘年会。 大将、元気かな。
今宵の同志は、総勢14名。 テーブル席を全部占拠して、一列の大テーブル状態。 そしてそのほぼ全員がデジカメを構えるという光景は、小上がりのお客さんからは奇異なものに映ったらしい。そりゃそうだ、ゴメンナサイ(笑)。 umaimonya02.jpg 里芋と人参の煮物とか炒め煮した蓮根とか青菜とか、 蒸かして塩した零余子(むかご)とか。umaimonya01.jpg素朴かつ真っ直ぐな酒肴たちで、宴のスタートだ。 umaimonya03.jpgこいつはいかんと(笑)、麦酒は早々に仕舞いにして、純米吟醸「笹祝」や純米「浦霞」に手を伸ばす。 umaimonya04.jpgそこへ大皿の到着です。 ひと皿4人前のお造りは、中央にまだぴくっと動く伊勢海老を、周囲に鮪、蛸、甘海老、雲丹を配してくれています。umaimonya05.jpgう~ん、伊勢海老の身の甘さが味蕾に沁みて、冷や酒にしみじみ。 と、そこへ、ひとりに半身の鯛の頭の煮付け。umaimonya06.jpg目の裏あたりをほじほじしては猪口をくぴっと、唇や頬あたりをほじほじしては猪口をくぷっと。 この調子で呑んでていいのだろうかと悩みながらも、ぐぴっとね(笑)。 ありゃありゃ、お次は鱶鰭のあんの載った茶碗蒸し。umaimonya07.jpg気がつけばぺろっと食べ終わっている、勿体なくもこれも気の利いた酒肴なのですな。 生牡蠣をちゅるんと啜って、純米「天狗舞」。 umaimonya16.jpgumaimonya17.jpg 抹茶風味にホイップしたクリームチーズを添えた南瓜をかぷっと咥えて、特別純米「酔鯨」。 umaimonya08.jpgそして、ここでテーブルを埋めていた大皿小皿に不要なグラス食器のお片づけ。 女将サンが届けてくれた鍋には、なにやら赤い液体がなみなみと注がれていて、そこへ蛤をドコドコと入れ、ぶつ切りにした伊勢海老を身も味噌もそのままワサっと入れる。umaimonya09.jpgumaimonya10.jpgumaimonya11.jpg さっと沸いて、蛤がパカリと口を開けたところで、トマトやオクラ、茄子を投入し、さらに大量のレタスを鍋を覆うようにのっけるのであります。umaimonya12.jpgumaimonya13.jpgumaimonya14.jpg レタスがしんなりしてきたところでお許し(笑)が出て、一斉に箸を伸ばす面々。 はー、もー、どうしてって考える間もなく、「うほうほ、うめー!」とよそい足す。 スープの赤の正体は、唐辛子系の赤というよりトマトの赤。 とっぷりと煮出した出汁にトマトの甘み酸味が否応なくマッチして、うほうほ。 空になった鍋を見詰めて、嗚呼一気に食べ終えちゃったじゃん、という寂しさも束の間。umaimonya15.jpg残された伊勢海老の殻の上にどさっと載せられた白子にニンマリ。 ところが実はここからがクライマックス。 残骸を綺麗に浚って再びわっと沸かした鍋の出汁。そこへご飯を投入し、玉子を追いかける。 鍋の仕上げにご飯投入は云わばお約束だけど、そこは「うまいもん屋」、ひと筋縄ではいかないよ。 そのまま杓文字を動かし続けなさい、と女将さんの指令が飛ぶ。 umaimonya18.jpgumaimonya19.jpgumaimonya20.jpg そして頃合をみて、大量に投入するは粉チーズ! さらに混ぜ混ぜする光景は、花畑牧場で生キャラメルを作っているみたいだ(笑)。 随分と水分が飛んで、固めのリゾット風になったところで仕上げの粉チーズを再投入、ひと巡り掻き混ぜて出来上がり。umaimonya21.jpg下地のトマトスープに、蛤、伊勢海老の身や殻、野菜たち、白子なぞなぞの旨味が凝縮したところへチーズの魅惑。 ズルいよな~、こういふの~。 あれだけ捏ねているのに、旨味をたっぷり纏ったご飯のひと粒一粒がヘタレず活きている。 最初の蛤投入からいろんなことがあったけど、だからこそこのクライマックスがあるのだね。 悶絶しそうになるのは、呑み過ぎてるからでは断じてないのだぁ(笑)。 女将さんは「トマト鍋よー」と仰るけれど、月島仮面さんが呼ぶ「イタリアン鍋」がぴったりくるね。 よくぞ名付けた、酒肴処「うまいもん屋」。umaimonya22.jpgお会計が嬉しいのもまた、大将の心意気なんだな。 今宵の同士は、主催の月島仮面さんと OFF会の主「くにろく 東京食べある記」のくにちゃん、Mikasaさん、「おいしい店・うまい店・安い店」のこうめさん、「コナモンこんなもん?」のどるふぃんさん、「あなさんの美しき日々」のあなさん、pochiさん、「ブログbyフードジャーナリスト はんつ遠藤」のはんつ遠藤さん、 『超らーめんナビ』の管ちゃんさん、「ワシ・ブロ」のワシ・ブロさん、「ワンコイン的食べ歩き生活。」のぎずもさん、まさぞうさん、 ちょんさん、の皆さんでした。 愉しい酒宴をありがとうございましたー。 口関連記事:   酒肴処「うまいもん屋」で あこう煮定食しみじみ夜予約しなくっちゃ(06年02月)   酒肴処「うまいもん屋」で のれそれ刺しにしろうお踊り鍋は鮪アラ(06年03月) 「うまいもん屋」 中央区築地2-10-5 寿ビル1F [Map] 03-3545-5455
column/01766 reprise02 @6,100-

「酒肴処「うまいもん屋」で おまかせイタリアン鍋大将の心意気」への10件のフィードバック

  1. 12月は2度も驚愕の美味さなオフ会にご一緒させていただきありがとうございました〜(^o^)/
    以前のワシからすれば、考えられないこの年末の美味しお料理との出会いっ!
    いやぁ〜、ブログを始めてみなさまとお会い出来たことに、ただただ感謝の年末でありますm(_ _)m
    確かに、ぐびっと、ペロっと、うほうほうめー!って連続の席でありました♪
    あ〜、思い出したらまた食いたくなってきた(^^;
    あ、花畑生キャラメル状態の粉チーズ投入係おつかれさまでございました(^^)v
    来年からも何卒よろしくおねがいいたします〜☆
    よいお年をお迎えくださいませ♪

  2. 先日はどうもです。
    ここ、凄かったですよねぇ。
    このクオリティであのお値段。
    信じられません。
    今でも写真を見ると食べたくなります。

  3. Re;ワシ・ブロさま
    うん、つい先日もご一緒でしたね~。ありがとうー♪
    日記を辿ってみたら、「うまいもん屋」さんに夜来るの、およそ3年振りだって気がついて実はビックリなのです(笑)。
    大将、相変わらずやってくれるなぁって、そして顔覚えててくれ嬉しかったんだ。
    こちらこそ来年もよろしゅうに。佳いお年をっー。

  4. Re;こうめさま
    オツカレさまでした~。
    三年振りの「うまいもん屋」の宴は、変わらぬ凄みを湛えてて、めちゃ嬉しかったですー。
    特にあの鍋はずるっこいよねー☆
    女将サンもなんだか随分と丸くなったよな気もします(ないしょだけど、笑)。

  5. 「イタリアン鍋」を気に入って頂き、ありがとうございました~
    来年も宜しくお願いします。

  6. 出てくるもの全てに手がかかってて、驚くばかりでした。
    2008年を締めくくるのにふさわしい夜でした。
    ブログでは新春特別企画として書きたいと思います。
    今年もお世話になりました。
    そして皆様、よいお年を♪

  7. Re;月島仮面さま
    どもども。
    うん、「トマト鍋」ならぬ「イタリアン鍋」。やるよね、ズルイよね(笑)。
    CPばっちりだし、も一回くらいこの冬食べてもいいかなと考えてますー。
    こちらこそ来年もよろしく、佳いお年をお迎えください♪

  8. Re;ぎずもさま
    多皿をわーって食べちゃったけど(笑)、丁寧な仕込みに手間かかってて、大将へとへとじゃないかなぁなんて帰り際話してて思いましたよ~。
    あー、そうですね、ボクも年越しネタ、多くなっちゃいました。
    来年もよろしくお願いします。

  9. かなり前の記事になりますが・・・コメントさせて頂きます♪
    昨日、素敵な席にご一緒させて頂きましたsalonです♪
    こちらのお食事会に参加されていたのですね、うまいもん屋さん美味しいですよね…私も参加したかったです・・
    とても見やすくて素敵なブログなのでこれからもお邪魔させて頂きます♪

  10. Re;salonさま
    はじめましてでしたー、のいらっしゃい♪
    過分なお言葉、ありがとうございます~。
    「うまいもん屋」へは、実はその二週あとくらいにもう一回行ってしまいました(笑)。
    旨くて安いとはこのことを云うのだなぁを再現したくって、ねっ。
    今後ともよろしくお願いしまーす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*