甘味処「銀星」で 昔ながらの風情抹茶パフェにパインパフェ

ginsei.jpg中央通りと呼ぶ、荏原町の商店街。 ブラジル料理とフランス料理の店「コロンボ」の丁度向かいあたり。 駅へと抜ける路地の入口脇に甘味処があります。 左手に硝子ケースには、手作りな和菓子や赤飯・おいなりさんなどが並び、右手のケースにはおしるこ・ぜんざいに上下してパフェのサンプルが覗ける。 そう、今日は大井町線沿いの町角、荏原町で「パフェラッチ!」です。
昔ながら感が味な風情を醸しているファサード。 店内の空気もゆったりと枯れてる、そんな感じ。 パフェのメニューginsei01.jpgもシンプルそのもの。 「フルーツ」「バナナ」「ピーチ」「パイン」に「チョコレート」。 決して華美にコテコテなんかしていない。 壁に新メニューの貼紙を見つけました。 新メニュー「抹茶パフェ」。 新たなメニューにして、このスタンダード感。 そうでなくっちゃ(笑)。 年嵩のおばちゃんが奥の厨房に声を掛け、奥で応えるおっちゃんの声。 「銀星」の「抹茶パフェ」は、銀星特製の抹茶アイスとおしるこあんの合わせ業。ginsei02.jpg甘さ優しきホイップと抹茶、ホイップとあんこ、あんこと抹茶の取り合わせがこのグラスの本懐か。 ginsei03.jpgginsei04.jpg 底の方にいくとあんこが漉し餡になってたりする。 でも、これに缶詰パインは合わないかもね(笑)。 じゃ、その「パイン」はどうかと再び寄ってみました。 うんうん、すんなり納得のシンプルなつくり。ginsei05.jpg緑のシロップが洒落て映る。 荏原町商店街すんなり馴染む、甘味処「銀星」。ginsei06.jpg「銀星らーめん」「わんたんめん」「もやしそば」「餅入りらーめん」、 さらには「とんこつらーめん」「担々麺」と、実はらーめんのラインナップも充実している。 きっと、飾らない、どこか懐かしい感じのどんぶりなんだろなぁ。 口関連記事:ブラジル・フランス料理「コロンボ」で シュラスコとパルミットと(08年12月) 「銀星」 品川区中延5-2-6 [Map] 03-3786-0031
column/02739 @500-

「甘味処「銀星」で 昔ながらの風情抹茶パフェにパインパフェ」への2件のフィードバック

  1. 又、渋いところに行かれましたね。
    甘いのが守備範囲でない私ですが、パフェ美味しそうです。
    >路地で「地酒家」ってちょっと怪しいお店(らしきお店)を目にしたのですけど、ご存知です?
    わかりませんでした。又、気をつけて見てみます。
    一昨日は、線路沿いの「焼鳥きむきむ」→「一の酉@中延」→「某所@蒲田」→「笛家@旗の台」でくつろいで来ました。笛家は、たぬき蕎麦が美味しかったのですが、飲んでいたおじさん達の現場ならではのお話は、麻生さんに聞かせてあげたかったです。
    それでは…

  2. Re;fatricefarmさま
    「パフェラッチ!」メンバーの末席にいる者として、気にしているうちに気になるようになりました(笑)。
    フレンチ・イタリアンでも、以前は割愛していたデザートもしっかり食べるようになってきましたし。
    ハシゴ酒、ですねー♪
    「笛家」の前もよく通るのですけど、未訪です。
    町場の蕎麦屋さん感がいい、のかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*