Cafe Bistro「CHEZ ANDRE」で シューファルシとママンの笑顔

chezandre.jpg「来福亭」や「玉ひで」のちょっと先。 ちょうど「小春軒」のお向かいにある「シェ・アンドレ」でランチです。 コチラは、「il Mare Blu」からの帰りにオープン間近の貼り紙を見てから、ずっと気になっていたのです。 おすすめコメントも頂戴していましたね。 ビストロにお約束の臙脂色の外装に真紅の庇が愛らしい。 外の日照を十二分に取り込んだ、明るい店内です。
「シェ・アンドレ」のランチメニューchezandre01.jpgは、「今日の料理」から。 日替わりメニューが曜日毎に設定されているようです。 そして、「今日のサラダランチ」、「キッシュ ロレーヌ」「クロックムッシュ」、「ステーキフリット」「ビーフシチュー」と続く。 ギンガムチェックのカゴに入れたパンを届けてくれた、恰幅のいい(失礼!)女性がロランスさん。 ビストロの親愛なるママン。 少女のような笑顔で、誠実で優しい眼差しを向けてくれる彼女がこの店のキャラクターを決めているといっても言い過ぎではないのです。 ん、どこかに似たような名前のひとがいたような…(笑)。 chezandre02.jpgchezandre03.jpg 追加してもらった「おばあちゃんが作ったスープ」は、コーンとカボチャの合わせ技のようなカップ。 ちょっぴりの酸味の、絶妙のさらっとコク味に、一気に気持ちがゆるむ感じ。 この日の「今日の料理」は、「シューファルシ」。 南西フランス地方料理、そして野菜・合挽き・キャベツの重ね焼き、と注釈があるね。 chezandre06.jpgふわ~んと温かな香りとともに届いたお皿に、おおーとトキメク(笑)。 chezandre04.jpgchezandre05.jpgchezandre07.jpg フォークの横ですっと切っていただく断片は、柔らかなパテ。 優しい香りと甘みを含んだ合挽き肉のゆったりした旨味。いいね、いいね。 裏漉しを重ねたかのように滑らかでフレッシュな印象のマッシュポテトがたっぷり、サニーレタスもたっぷり。 「キッシュ ロレーヌ ランチ」はと云えば、キッシュのお皿に、パンにサラダにスープ。chezandre08.jpgベーコン、チーズ、玉葱のキッシュは、加減のいいチーズの風味にほっこり。 chezandre09.jpgchezandre10.jpgchezandre11.jpg 「サラダランチ」やベシャメルのホットサンド「クロックムッシュ」あたりも、女性陣にも人気なのじゃないかな。 さらに後日の「豚肩ロースの軽い煮込み カレーソース」。chezandre12.jpgナイフの刃をすうぅっと受け止める豚は、煮込んだトロトロとソテーの香ばしさの中庸をいくようで、軽く煮込んだ、のところが勘所。カレー風味のクリームソースとの相性もいい。 店名のフルネームは「CHEZ ANDRE du Sacre-coeur」。 ロランスさんに店の名の由来を尋ねてみた。 Sacre-coeurは、モンマルトルにあるサクレクール寺院界隈のことで、さっきまで座っていたテーブルの背中の壁に据えられた大きなタイル画に描かれている白いお城がそのサクレクール寺院なンだ。 そして、ANDREはロランスさんのお父さんの名前。 つまりは、サクレクールのアンドレさんち、ってな意味なんだ。 chezandre13.jpgchezandre14.jpg お父さんのアンドレさんはパリでカフェを営んでいたそうで、往時を偲ぶモノクロームが下がり壁に飾られています。父はパリで、娘は何故か人形町でカフェ、なのですね。 人形町にある、パリの下町ビストロ「シェ・アンドレ・ドゥ・サクレクール」。chezandre15.jpgママンの笑顔に逢いに貴女も出掛けたらいかがでしょう。 口関連記事:   RISTORANTE「il Mare Blu」 でたけのこのオイルソーススパ(08年03月)   西洋料理「来福亭」で カキバタヤキ最高のご飯の友(08年10月) 「CHEZ ANDRE du Sacre-coeur」 中央区日本橋人形町1-8-5 [Map] 03-6228-1053
column/02724 @1,000-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*