ラーメン専門「くぼ田」で 味玉あっさりから湧き上がる深い旨味

kubota.jpg西武柳沢の駅に降り立つのは、いつ以来だか分からないほどに久し振り。 しかも北口方面となると、恐らく初めて界隈だ。 少し寂れ感を伴う駅入口辺りを抜けて、富士街道を東へと辿ります。 目印は変則五叉路ともいえる信号の角にある地蔵さん。 そのお地蔵さんの手前の路地を進みます。
すると見えてくるのが、路上をぼんやり照らす灯りと白い暖簾。kubota01.jpgその光景に何故だか、懐かしき故郷のお店に帰ってきたような、そんな心持ちになったりします。 kubota02.jpg 薄手の暖簾をかわして、腰掛けるカウンターの丸椅子。 先客はなく、棚のラジオが気になる日本シリーズの実況を伝えてる。 壁際には、煮干や鰹節の箱が積まれていています。 壁のメニューkubota03.jpgには、潔くも「ラーメン」「塩ラーメン」「味玉ラーメン」「味玉塩ラーメン」の4品のみ。 味噌ラーメン及び太麺はなくなりました、と補足されています。 「味玉ラーメン」をお願いしました。 ラジオの声だけが小さく聴こえる、静かな店内に葱を刻む音、湯の沸く音、湯切りをする音が響く。 店主の手元は見えないけれど、その動きや所作からとても丁寧に調理してくれているのが伝わってきます。 中華そば、という呼び名が似合うドンブリ。kubota04.jpg 蓮華で掬い啜る澄んだスープ。 間違いなくあっさり仕立てではあるものの、これは伊達なあっさりではない。kubota05.jpg脂やましてや化調由来のものではない、どこまでも濁りがない味わいの中から、ぐーっと深い深い旨味が湧き上がってくるよう。 ううむ、文句のつけようのないスープ。 実は複雑なものをバランスをとることでシンプルにみせてくれているのかもしれない。 kubota06.jpgkubota07.jpg やや細めのストレート麺が意外とそんなスープをよく引き揚げて一体感がある。 kubota08.jpgもっと細いの、もっともっちりの、などと別の仕様の麺も合いそうな気がするなぁと悩んでみたものの、結局この麺がいいのだろうねと最後をひと啜りして、どんぶりを捧げるようにして一滴残らず飲み干してしまう。 最近ここまでできるラーメンを食べていなかったなぁ(笑)。 袋小路のラーメン専門店「くぼ田」。kubota09.jpg実直に映る店主の風貌や雰囲気がそのまま体現されたような一杯がいただけます。 「くぼ田」 西東京市保谷町3-8-8 [Map] 042-460-7651
column/02720 @800-

「ラーメン専門「くぼ田」で 味玉あっさりから湧き上がる深い旨味」への2件のフィードバック

  1. うう〜ん、まさぴさまをして『文句の付けようがないスープ』と言わせてしまうのですね。
    見かけもシンプルでバランスとれた感じです☆旨そうなラーメンです!

  2. Re;laraさま
    なんか、職人技、な感じにグッときました(笑)。
    スープを舐めるように飲み干しちゃったラーメンで久し振りでしたもの~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*