手打拉麺・刀削麺「麺王」で 担々麺ならぬ担担丼スープと一緒に

menou.jpgいつぞや刀削麺を啜った覚えのある赤い看板は、 武蔵小山の「麺王」。 硝子越しに麺を削る様子が見られたりするのだけれど、今はそんな気配はなし。 今夜は麺じゃなくってご飯が食べたい気分なのだよなぁと中途半端なノリのまま、久し振りの店内へ。 やっぱり麺類のメニューは脇に置いて、ご飯系メニューを眺めます。 その中に、ん?と思わせるフレーズを見つけました。
それは、「担々麺」ならぬ「担担丼」。 ご飯モノのトッピングをラーメンに載っけちゃう発想はありがちだけれど、麺料理をご飯モノに展開しちゃうパターンはそう多くない気がする。 早速、お願いしてみました。 比較的平らなお皿にご飯が盛られ、 その上に湯掻いた青梗菜、そしてピリ辛に炒めた挽肉が載っている。menou02.jpg menou03.jpg スープの小皿には、如何にも担々麺のスープらしい赤橙の液体が胡麻を浮かべていて、ご飯と一緒に挽肉を掬い食べ、その口へスープカレーの要領よろしく辛目のスープを注ぎ混むと、なははは、なるほど「担担の丼」って感じがして面白い。menou01.jpgいつものように”麺!”な気分だったら味わえなかった楽しさでありました。 赤いテントの手打拉麺・刀削麺「麺王」。 menou04.jpg 目蒲線の車窓から初めて眺めたは、いつのことだったかな。 口関連記事:中国手打拉麺・刀削麺「麺王」で 辛さ程よしクタ麺の刀削担担麺(06年01月) 「麺王」 品川区小山3-15-7 [Map] 03-3783-5852
column/01742

「手打拉麺・刀削麺「麺王」で 担々麺ならぬ担担丼スープと一緒に」への2件のフィードバック

  1. ご無沙汰しておりますー。
    この丼はおうちでも真似できそう!ごはんがたっぷり食べられそうだわ。
    先日2度目の戸越銀座を歩いていたら、知人が設計したラーメン屋さんを見つけました。
    まさぴさんだったらあの辺り詳しいから知ってるかしら?
    せい家ってお店です。
    それにしても戸越は本当に物が安くって、日用品を買い込んじゃいました。笑

  2. Re;55aiaiさま
    どもどもー。
    うん、どんぶりそのものは割りとすんなり真似できそうだね。でも、スープが一緒じゃないと「担担丼」じゃないのかも~。
    ん?戸越の「せい家」? 家系の新店みたいだね。
    そういや最近、戸越界隈を徘徊してないや。
    それに意外と寂しい夜の通りばかりで、昼間の戸越銀座に疎いのに気づいたぞ。
    一緒に徘徊する(笑)?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*