ワインと蒸し料理ふぐ料理「ふぐをどり」でしゃぶしゃぶセイロ御膳

fuguwodori.jpg「とり鉄」「鳥元」の間を入る路地。 その先の角は居酒屋「川」。 笊にお金を入れてはツマミを所望するオヤジの店「大福」はやっぱり閉めたまんまfuguwodori01.jpgかなぁと覗いたのが8月下旬のことでした。 と、そのお隣がなにやら飲食店らしき工事の真っ最中。 民家をそのまま活用したような設えが、その様子から窺えました。
そして、この9月月初に開店したのがコチラ、「ふぐをどり」。 工事中のイメージ通り、木の風合いを軸にした古民家仕立て。 fuguwodori02.jpgfuguwodori03.jpg 元は昭和36年築の一軒家だそうで、二階へと上がる階段なんてギシギシ音がしそうな雰囲気。 畳の間を板張りにしちゃったと思しき二階のテーブルで、お昼のおしながきfuguwodori08.jpgを眺めます。 どちらにしようかなと、選んだのは「しゃぶしゃぶセイロ御膳」。 蒸籠で蒸し上げた豚肉や鶏肉、野菜たちをあっさりしたぽん酢タレでいただくという趣向です。fuguwodori04.jpgほっこりした野菜とさっぱり豚肉に、なんか優しい気持ちになっちゃいそうな、そんな感じ(笑)。 ヘルシー嗜好の女性陣にウケそうなランチアイテムだね。 黒板に見る夜メニューでも”蒸し”ラインナップがあって、コチラのお店の特徴のひとつになってるみたいだ。 その黒板には、「ピクルス」「レバーパテ」「イベリコハモン」といったバル系メニューから、「マッシュルームのぐつぐつオイル焼き」といったオーブン料理、鶏や魚介の刺身や「もつ煮」といった居酒屋的メニューが並ぶ。 そして、店名にも含む河豚はどうかというと、「刺し」「唐揚げ」「てっちり&雑炊」とひと揃い。 ふぐの種類やランクはそれ相応としても、気軽にふぐ料理がいただけそうです。 おひるのおしながきにあったもう一種類のランチをいただきに、裏を返します。 今度は、白い壁に向き合う一階のカウンターで「ドライカレー」。 fuguwodori05.jpg fuguwodori06.jpgカフェっぽいお皿には、挽肉たっぷり。 辛さがほとんどない代わりに、意外とじっくり仕込んだのではと思わせる旨味が伝わってくる。 茹で玉子が温泉玉子になったらもっと嬉しいかな。 八丁堀の路地に生まれた、ふぐと蒸し料理と和洋混交の古民家バル「ふぐをどり」。fuguwodori07.jpg一階の厨房と二階との行き来は大変そうで、配膳の段取りやそのスピードなどまだこなれていないところもあれこれありそう。でもなんか日々進化していきそうなそんな予感もする。 夜はどんな感じか、遠からず覗いてみたいな。 口関連記事:   手作り屋・八丁堀「川」で ぶりの酒むしわさび焼鳥すだち酎(03年07月)   居酒や&Bar「大福」で 路地の妖しい赤提灯籠の見せ金(04年04月) 「ふぐをどり」 中央区八丁堀2-26-6 [Map] 03-3206-2313  http://fuguodori.com/ [閉店]
column/02686 @900-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*