らーめん「ど・みそ」で 手書きチケットでオロチョンすーぷの輪郭

domiso.jpg以前「東京バルバリ」で催された、はんつ遠藤さんの「無化調ラーメンMAP」出版記念オフ会。 その時の余興ジャンケンで勝ち上がってゲットしたのが、「ど・みそ」の一食タダチケットでした。 「ど・みそ」店主が、その場で急遽作った手書きモノなのだけど、ね。 そのチケットを握りしめてお邪魔しようと思いながら、あれこれタイミングを図っているうちに2ヶ月も過ぎてしまった。
石垣島のお土産、辺銀さんのラー油を持って、漸く夜の京橋へやってきました。 今の「ど・みそ」は、客として通っていたラーメン大好きくんが、厨房に入っての3人体制。 やっと時間にやや余裕のできた店主に声を掛けて、カウンターに並んで座ります。 domiso01.jpgおずおずとカウンターに置く、手書き文字(笑)。 未食だった「みそオロチョンらーめん」をお願いします。 辛さは、抑え目スタンダードで。 挽肉と糸唐辛子のたっぷしトッピング。 domiso02.jpgdomiso03.jpg 外周のスープは勿論それなりに赤々としていますが、つまりは控え目バージョンなので、暴力的な赤辛さは感じません。 domiso04.jpg 例によって如何にも”開化”な麺を掬うように引っ張り上げて、いざ、啜ります。domiso05.jpgいやー、これまた例によって、とろんとしたスープの濃度が麺に絡むカラむ。 劇辛バージョンだと自分にはキツイかもしれないけど、この仕立てならお気に入りこってりスープにさらに輪郭とヒキを付加してくれて、グー(親指上指)。 そのあと 呑みに行く予定にしてる事情もあって、スープ残しちゃったのが切ないぜい(笑)。 3人体制で、土曜・日曜の営業も拡充して、日曜限定新作もあれこれ考案している「ど・みそ」。 定番に昇華した今夜の「みそオロチョン」をはじめ、「プレミアムみそカレーらーめん」「ごまみそ冷麺」「みそビビン麺」「みそゲッティー」。 これからも、もっと面白いことになりそうです。 口関連記事:   らーめんダイニング「ど・みそ」で クドサなき特みそこってり量感麺(07年03月)   らーめんダイニング「ど・みそ」 でBLACKDomisoに気をつけろ(08年01月)   ノンジャンル居酒屋「東京バルバリ」で 無化調ラMAPパーティ(08年07月) 「ど・みそ」 中央区京橋3-4-3 千成ビル1F 03-6904-3700 http://blog.livedoor.jp/do_miso/ [Map]
column/02155 reprise02

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*