ステーキ「カウベル」で ご飯に合うポークジンジャー商店街の隅

cowbell.jpg何度かお世話になっている旗の台のインド料理「ポカラ」。 そのお隣にあるのがステーキの「COWBELL」です。 プールで泳いだ後に店先の表情を眺めては、 気になるのだけれどどこか入り難い雰囲気なのだよなぁといつも思う。 硝子越しの細い縁のパネルに書いたメニューは煤けて判読し難く、その分その横に貼られた格闘技系のポスターが目立ってる。 でも何故か、雨上がりの夜にふと、その扉を押してみる気分になりました。
cowbell01.jpg店頭の雰囲気そのままに、どこか雑然とした店内。 おそらくご夫婦であろうオッチャンオバチャンが、揃って見入っていたテレビから目線を外して、腰を上げる。 お寛ぎのところ、お邪魔だったかな(笑)。 左手のテーブルに収まって、正面の板壁に目を凝らす。 オレンジや黄色の紙にメニューが書かれていて、左側はランチメニューだ。 ランチメニューに書かれた「牛肉の生姜焼き」と右側に書かれた「ビーフジンジャー」とはどう違うのかなぁと首を傾げながら、「ポークジンジャー」をお願いするへそ曲がり(笑)。 早速厨房から盛大な炒め音が聞こえて、生姜なタレの匂いが漂ってくる。 あちちの鉄板にのってやってきたのは、大振り厚めの豚肉が4枚。cowbell02.jpgcowbell03.jpg噛めば脂と旨味を滲ます肉片に、絡めたタレがたっぷりと濃いめ。 完全にご飯に合わせた味付けが頼もしく思えてくる。 添えてくれたのは、スープでなくてお味噌汁。やや塩辛い。 ステーキハウスでステーキ食べなきゃ失礼かと、再訪した夜。 店の名を冠した「カウベルステーキ」をお願いしました。 長細い形状のステーキ。 cowbell05.jpg 夜の部のステーキでは一番お安いメニューなのだけど、どこの部位なのかな。 ゴリゴリとナイフを入れてもすんなりとは切れてくれないのは、ナイフの具合かお肉の加減か。 cowbell04.jpgcowbell06.jpgcowbell07.jpg なかなか手強い噛み応え。噛むほどに旨味が沸いてくればいいのだけれど、添えられた醤油系のソースを使ってもそれが叶わないのがもどかしい。んんん。 「カウベル」には、洋食系メニューもあって、ピラフにオムライス、そしてスパゲティもの「ミートソース」「カルボナーラ」に合わせ業の「ダブルスパ」。ナポリタンもできるって(笑)。 商店街の隅、町場のステーキハウス「カウベル」。cowbell08.jpgご夫婦にはきっと見慣れ馴染んでしまった店頭の、そして店内のくすみなのだろうけど、気をつけて磨いてあげるだけで、古さが味のあるお店になるンじゃないかな。そんな気がします。 そしてやっぱり、ドアには“カウベル”が欲しい、なんてね。 「カウベル」 品川区旗の台3-14-10 03-3786-1378
column/02676 @800-

「ステーキ「カウベル」で ご飯に合うポークジンジャー商店街の隅」への4件のフィードバック

  1. これはとっても素敵なお店
    お約束のピースボートにNEOかなの女子プロレスが泣けてきます
    高得点の期待のしょうが焼き、ワタシも早めに後追いします
    (でもカウベルないのね..)

  2. Re;Gingerさま
    しょうが焼きは、なぁんだもっと早く食べにきとけばよかったかもねの、ゴハンでした。
    でもまだ、ここでスパゲティを食べる勇気はありません(笑)。
    カウベル、なかったような気がしてるのだけど、あったらどうしよー(汗汗)。

  3. ナポリタンもできるんですかー!
    この名店の風情はほっとけないです。
    いってきまーす。
    ナポとカルボのダブルスパでもチャレンジしてみたいところです。

  4. Re;eatnapoさま
    うん、なぜかスパメニューがあったので、訊いてみたら「できますよ~」って。
    町場の風情は間違いないけど、はたして名店かどうか(笑)、確認してみてね~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*