らーめん「Zoot」で しっかりボディと魚介出汁のバランス味玉らー

zoot.jpg蒲田を西口に出るのは久し振り。 アーケードでも池上線高架脇でもなく、進むのは中央分離帯のある通り。 パチンコ屋やゲームセンターの喧噪もすぐに過ぎて、蓮沼との中間地点あたりからは、意外なほど静かな界隈となります。 そのやや暗がりの中でスポットに浮かぶのが、木目の幕板に直接筆で描いたような「Zoot」の文字。 ウッディなラーメン店に、いざ。
先客さんと入れ替わるように入った店内は、茶色基調のどちらかといえばしっとりとした雰囲気の印象を抱かせる。 zoot01.jpg 振り向いたカウンターの表情は、酒場のそれのようにも映ります。 クソ暑い中歩いてきたので、勢い「つけめんで!」となるところを何故かグッと堪えて、「味玉らーめん」。カウンターの中のふたりの所作が、まるでバーのそこにいるかのようにも見えたのは、暑さの所為かな(笑)。 カクテルのグラスをコースターの上に差し出すように(…云い過ぎ)、どんぶりがカウンターの上に置かれました。zoot02.jpgzoot03.jpg多少の粘度を連想させる赤褐色のスープの色合いと魚出汁系の香りが一気に食欲のアクセルを踏ませる。
掬う蓮華。 うんうん、やや脂強めながらしっかりしたボディの骨格とそれに負けない魚介出汁節風味とのバランスが高次元で実現している感じ。 zoot04.jpgzoot05.jpg 好きだなぁ、こふいふの~。 手鍋で濃いぃ出汁少量を温めていたのが利いているのかもしれません。 麺がまた、かん水に頼らない歯切れのいいモノで、番手としてもこれ以上細くてもいけないし、太くても違う気がしてくる。 壁のメニューのコメントで、これを化調に頼らず仕立てていると知れば、ますます感心、腕組みしちゃいます(笑)。 気が付けば、満席間近の蒲田「Zoot」。 きっと、「つけめん」もイイ感じに違いない。そう思います。zoot06.jpgその店名は、「ZOOT MONEY」という英国のアーティストにちなんでいるらしい。 お気に入りなんだろね。 「Zoot」 大田区西蒲田7-42-7 03-3730-1777
column/02670 @800-

「らーめん「Zoot」で しっかりボディと魚介出汁のバランス味玉らー」への4件のフィードバック

  1. 一回入ったことあったのですが、
    店の由来は知りませんでした。
    たぶん、お店の方とお友達になれると思います。
    「GEOGIE FAME」も良いです。

  2. Re;fatricefarmさま
    モッズにもイギリスのバンドにも詳しくはないのです。
    お店の名前やデザインに店主の想いや趣向が現れるところが興味深いもので。
    同好の士となれず、すみません。

  3. ゼロメートル地帯にとーじょーですね♪
    コチラは開店当時に一度行った限りずっとご無沙汰でしたが、記事読むとさらに美味しくなってるみたいですね。上弦の月一回お休みして出かけてみよーっと(^o^)

  4. Re;Gingerさま
    うん、なかなか気に入りました♪
    んで、つけめんはどうだろうと出掛けたら、臨時早仕舞い。
    おかげで、久し振りの「上弦の月」となりました~(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*