カレーハウス「ロビンソークルーソー」で カレー北品川に八ツ山に

robinsoncrusoe.jpg品川の隣にありながら小さな小さな駅、北品川。 たったひと駅乗るのにも、何本も通過電車を見送らなければならない駅。 踏切と国道の間にあったとんかつ店もいまはもう閉めていて、一抹の寂しさを誘います。 その踏切を渡ってすぐ、旧東海道へも至らぬうちに右手へ折れた住宅地の裏道にあるのが、カレーハウス「ロビンソークルーソー」。 コック帽を被った愛らしいキャラクターが迎えてくれます。
席に着くとノートを渡されました。 robinsoncrusoe01.jpg記帳をしてくれ、という。 そして手渡されたのが、手作り感ある「会員証」。 これがあれば、次回から割引してくれるんだって。 なんだか急に常連になったような気分でお願いしたのが、「北品川カレー」。 ご当地的感覚でなんとなく選んだのだけれど、炒めたほうれん草がキーアイテムというのは、北品川とどういう関係があるのだろう。ついでに、「品川海苔」もトッピングしてみます。 「八ツ山」「御殿山」「高輪」、そして「江戸前」「東京」「日本橋」。 「ロビンソンクルーソー」のカレーたちは、どこか銀座「ニューキャッスル」を思い起こさせるようなラインナップ。 それぞれに、中華風カツ、挽肉、揚げ鶏モモ、シーフード、カレー&ハヤシ、ハヤシと括弧書きがあるけれど、なぜその名前かは判然としないのだけれど。 壁の額には、石ちゃんのサイン色紙なんかが掲示されていて、それを取り囲むように、50とか150とか360とか、そして5000なんて数字が並んでいる。 その数字がなにを示すかと云えば、”辛さの倍数”で、つまりは50倍、150倍辛いっつーことらしい。5,000倍なんて想像すらできないけど、一体どういう事態になっちゃうのでしょう。元来辛いの苦手派なので、激辛方面にはあまり興味がないのが幸いであります(笑)。 辛さ倍数が増すごとに、10円UPとあるので、×5,000は5万円増しってことになっちゃうのかな。大量買いにも割り引きがきっとあるのだろうね。 辛さデフォルトのカレー皿がやってきました。 刻み海苔が大量にのり、その脇にはさっと炒めたほうれん草がたんと構えるという、カレーとしてはやや異様な光景だ(あは)。robinsoncrusoe03.jpg辛さの心配なく、でもおずおずとスプーンの先を進めます。 おおお、ゆったりと旨味を湛えたカレーが、憎らしいくらいにイケる。 きっとどこか粗さのあるカレーだったりするのかもねと高を括っていたところが正直あったのだけれど、そんな気持ちを鼻で嗤うような、繊細さのある旨さだ。 でもそれが、刻み海苔と妙に合い、ほうれん草とも不思議にマッチするから、あはは、可笑しいや。 会員証も貰ったことだしと、間を空けずして再訪してみました。 今度は、中華風カツののった「八ツ山」を2倍の辛さで。robinsoncrusoe04.jpg中華風カツとはつまりはパーコーで、揚げたてをハフハフっと齧り、衣の香ばしさと滲み滴る脂の甘みをやや辛味の増したカレーと併せ食べれば、なはは、これも◎。 カレーにベタつかない軽やかさがあるがゆえ、色々なトッピングにも違和感なく一体となれるのだね。 居酒屋風情のクセして、相当な量の玉葱を上手に炒めた下地をふつふつと感じる、そんなカレーを供する北品川「ロビンソークルーソー」。robinsoncrusoe05.jpg今度こそ、なぜ「ロビンソンクルーソー」なのか、大将に訊かなくちゃ。 口関連記事:コーヒーとカライライスの店「ニューキャッスル」で 加齢臭の哀愁(05年09月) 「ロビンソークルーソー」 品川区北品川1-25-6 03-5479-8955
column/02656 @980-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*