晩酌処「ごふくの丘」で 冷製卵かけうどん花味鶏の炙りヅケ丼

gofukunooka.jpg新川の裏通り。 路上に看板がなければ、普通の住宅として当たり前にその前を通り過ぎそうな、そんな佇まいをみせているのが、晩酌処「ごふくの丘」です。 店内は、木目と白い壁。白い革張りの椅子を配してgofukunooka01.jpgいる。 京都の町家造りの古民家をカフェに改装するノリと同じ着想があるのかもしれません。
ランチメニューは、「週替り御膳」に、定番的な5種類。 gofukunooka02.jpgランチでもこだわった素材を用いてくれているそうで、然らばと、花味鶏という鶏の身肉とうみたて玉子とを使った「冷製卵かけうどんと花味鶏の炙りヅケとろろ丼」をお願いしました。 玉子かけご飯ならぬ玉子かけうどんというのも素朴ながらも素材の魅力をそのまま味わってもらおうとするアイデアがいいね。gofukunooka03.jpgタピオカ使いとも思えるものの、しっかりとした歯応えのうどんにちょっと出汁を利かせたとき玉子がよく馴染んで、ずず、ずずず。 そして、どんぶり。 旨味が清冽で、身肉柔らかく、たたきで食べるために仕立てたような鶏肉が素直にイケる。gofukunooka04.jpggofukunooka05.jpg玉子の黄身を潰し添えれば、小気味いいコクが加わって、うほほ~とご飯が進む。 なんちゃってカフェめしでは?なんて斜に構えて座ったカウンターだったけど、そこには嬉しい発見がありました。 「豚肉とニラの卵炒め御膳」の豚さんは、興農豚という豚。gofukunooka06.jpg豚舎の環境も飼料も工夫しながら、北海道の大自然で育てた健康豚だそうで、塩ダレに引き出された甘みが半熟炒めの玉子と一緒になってご飯を頬張らせる。 ふむふむ、ほかのランチメニューも気になっちゃう「ごふくの丘」の“ごふく”はきっと“五福”のこと。gofukunooka07.jpgそして、”晩酌処”へはやっぱり宵闇以降にお邪魔しなけりゃいけません。 「畑から」「大地から」「大海から」「田んぼから」とタイトルした夜メニューも期待しちゃうな。 身にも心にも健康という福を齎してくれるかも。
「ごふくの丘」 中央区新川2-5-8 03-3555-0529
column/02634 @900

「晩酌処「ごふくの丘」で 冷製卵かけうどん花味鶏の炙りヅケ丼」への6件のフィードバック

  1. 今年の初め、偶然テレビで
    「マスターが手を骨折してランチはお休み中」
    っていうのをやってました。
    なるほどお昼はやってなかった。
    メニューはおぼえてないのですが
    供されるものは確実に美味しかった記憶が
    あります。またランチ復活してくれないかな。

  2. Re:puzzさま
    へー、マスターが骨折、でしたか…。もう完治していると思いますが(笑)、ランチやってる様子、ないですねー。

  3. もうご存知かもしれませんがw
    ここも新装開店です。ターBOUという変な名前です。
    古民家然としていたお店は、パステル調の青で
    飾られています。
    多分あとちょっとで開店のはず。
    洋食屋さんだそうです。
    元hanamizukiのZIGENも11/15に開店だそうです。
    こちらもランチが愉しみですわ。

  4. Re:puzzさま
    そんな予感はしていましたが、そうですかー。
    洋食屋というのがちょっと意外ですが、「ZIGEN」と日替わりでお邪魔してみようと思います~。

  5. そんなあなたにw
    11/19, 11/20は先着の方?名
    ランチ500円のオープンセールですよ。
    もう知ってたかな、この情報。

  6. Re:puzzさま
    蒔弦に足を運べば自ずと目に留まる、ってなことで(笑)。
    まだ未訪で、ゆっくり訪れたいと思っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*