Restanrant「ヤナギ」で ナポリタンとメンチカツ思わずライス

yanagi.jpgマンションの裏手路地に何気なくある、 ってな印象の「ヤナギ」。 随分と久々のお邪魔です。 雨曝しで陽に焼けた感じが味な店頭の木板メニューyanagi01.jpgを腕組凝視。 右隅あたりに書かれた「当店自慢のセットメニュー」周辺がやっぱり気になります。 メインを選んで、そこへメンチカツかコロッケかハンバーグを盛り合わせてくれるというセットメニュー。 悩みながら、厨房前のカウンター席に座り込みました。
yanagi02.jpgカウンターと厨房側を隔てているのは、水中もしくは水槽を模したスクリーンで、お魚さんが泳いでる(笑)。 その向こうでホールの女性陣三人が入れ替わり立ち動いています。 yanagi03.jpg お願いしたメニューは、 「ナポリタン・スパ」と「メンチカツ」のセット。 メインとしてお皿の半分を占めるナポリタンを宥めつつ、まずは右上に控えたメンチカツに箸を伸ばします。 既に甘めのソースがかかっちゃってるのがチト微妙ながら、大口で齧れば応えるお肉の香気。 yanagi04.jpgyanagi05.jpg こりゃぁご飯にバッチリ!とばかりにトレーの上を見回しても、白めしは見当たらず、おまえなに探しとんねんとナポリタンが訝るばかり。 思わず手を挙げて(笑)、ライスを追加します。 メンチでライスを平らげてハタと気づくは、ダレがメインやと思うとんねんと睨むナポリタン。 慌てて啜るは、やや汁だく系のナポリタン。yanagi06.jpgケチャップのみでない、軽~い辛味がソースに含まれてる気がします。 もうちょっと「炒めちゃった感」があってもいいかもと思いながら、むしゃむしゃずっず。 欲張り心を満たしてくれる「自慢のセット」も、「ピラフ」や「カレーがけドライカレー」あたりのご飯モノだと「メンチ」と組んでも違和感がないけど、「ナポ」が組むには「メンチ」が好相性とはいい難いなぁ。 「蜂の子」よろしく、「白スパ」だったらイケルのかしらん。 もしやと思ってチェックすると、なはは、eatnapoさんも同じオーダーしてたのね。 eatnapoさんは、主食にもつけあわせにもなる両刀遣いなナポリタンは魅惑の食べ物、と〆ている。主食の時はピン芸が際立つ、ということでひとつよしなに(笑)。

エメラルドグリーンのテント地庇と赤茶の扉が目印のRestaurant「ヤナギ」。yanagi07.jpg同じ”ヤナギ”だけど、 惜しまれ閉店してしまった茅場町の「キッチン柳」yanagi08.jpgとは特に関係はない、のでしょうね。 口関連記事:  洋食フランス料理「グリル蜂の子」でうまうまハムカツミートローフ(08年05月)  和風洋食「キッチン柳」茅場町店 で口惜しいほどうめーカキフライ(06年11月)


「ヤナギ」  中央区築地2-1-12[Map] 03-3543-1834
column/02604

「Restanrant「ヤナギ」で ナポリタンとメンチカツ思わずライス」への2件のフィードバック

  1. やっぱりナポリタンにはハンバーグかもですねぇ。
    ナポリタンの次にメンチカツスキーな私は有無を言わず、メンチ×ナポでしたが・・・嗚呼。
    茅場町の柳、閉店しちゃったんですね。
    一度も行けなかったんで、かなりショックです・・(涙)

  2. Re;eatnapoさま
    う~んやっぱり、メンチには思わずご飯、たのんじゃいますねー。
    そうそう、残念なのが茅場町「キッチン柳」。
    確かに厨房の中はご高齢の面々が活躍してましたから、ね。
    でも貼り紙には、復活を匂わすフレーズもあったので、復活「柳」にも密かに期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*