ラーメン「きら星」で 思い出す幾つものラーメン誓うリベンジ

kiraboshi.jpg 実家への道すがら。 たまにはいいかと、武蔵境まで遠回りをしてみました。 その目的地がこちら、ラーメン「きら星」です。 赤橙の暖簾の前には特に行列もない。 雨の所為かなぁと思いながら扉を引くと、目の前に空席待ちの背中。 やっぱり人気、のようです。
ド空腹の勢いゆえ、券売機でボタンの上を泳がす視線はただのラーメンには留まれず、「チャーシュー」の文字に反応してしまう。 そして店頭でもイチオシだった「あぶり焼きチャーシューごはん」までも。 届いたドンブリは、厚みしっかりの大判チャーシューがホレホレと4枚も載るサービス版。kiraboshi01.jpg新宿「満来」をふと思い出す。 スープは白濁した醤油仕立てで、粘度を主張する濃密仕様。 粗っぽいものではなくむしろ丁寧に拵えたものだとは思わせるものの、豚足に豚皮までをも含めて煮出したのだというスープの風味は、野生的。 kiraboshi02.jpgkiraboshi03.jpgkiraboshi04.jpg キャベツにかかっているタレは、マー油にあらず鰹出汁を濃縮して作った「カツオ餡」だという。 新宿「桂花」と「天下一品」をふと同時に思い出す。 引っ張り揚げ、啜る麺は、太めでちょっと平たいムニムニ食感。kiraboshi05.jpg歯切れがいい割に量感と粉の風味があり、そう云えば脂がベタつくスープに負けていない。 高田馬場「二郎」をふと思い出す。 ところが、あれだけ腹ペコだったのに、ぺろんと食べられるつもりだったのに、なぜだかテンション急降下。明らかに脂に負けている。 kiraboshi06.jpgああ、完全にオーダーのミステイク。 こんなにたっぷりチャーシューがのってると知らないくせに、肉のせ系にしたのが大失策。 おまけに思い出したかのように遅れて届いた「チャーシューごはん」も、 当然肉満載だし(汗)。 素直に「味玉」あたりにしおけばきっと、「きら星」ってやるじゃん!と思えたのにな。kiraboshi07.jpg空席待ちが増えた店先で、 ラーメン王クラスのラーメンフリークが営む「きら星」でのリベンジを誓うのでありました。
「きら星」 武蔵野市境南町3-11-13 0422-30-0233
column/02600

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*