洋食「ながおか」で 破れた衣の揚げ色がソソるカキフライ

nagaoka.jpgそのまま佃大橋を潜り行けば、 聖路加のタワーへと至る中央区湊三丁目。 嘗ての地上げの名残りか、虫食い状にトタン張りの家屋と真新しいビル・マンションとが混在する、そんなエリアであります。行き交うヒトは決して多くありません。 そんな通りの長屋風に連なる家屋の隅nagaoka06.jpgに一軒の洋食屋さんの暖簾を見つけました。 過日Gingerさんが「ジンヂャー」を賞味していた「ながおか」さんだ。
nagaoka01.jpgすっきりとして潔い印象の店内の止まり木に腰を据えて、 頭上の品書きを見上げます。 ボクの目的は「ジンヂャー」ではなく(笑)、 メニュー筆頭の「カキフライ」。 定番数の5個のフライがステンレス皿に盛られ、はよ食えと呼んでいます。 トップシーズンのなせる技か、ぷっくりころころとした牡蠣が寄り添うようにしている。 nagaoka02.jpgnagaoka08.jpg ちょっと衣が剥がれて、 そこから覗いた牡蠣の襞がうっすら揚げ色になってるあたりが微笑ましくも食欲をソソります。nagaoka04.jpg さく、じゅわん。nagaoka07.jpg衣の歯触りと解ける身のエキスとのコンビは、やっぱり揚げ物の王道でありますなぁ。うんうん。 正午を少し過ぎたあたりから、お客さんが集まり始めた洋食「ながおか」。nagaoka05.jpgずっとここで頑張っていて欲しい。 まだ薄い陽射しの中で振り返りつつそんなことを思う、冬の日でありました。


「ながおか」  中央区湊3-9-7[Map] 03-3552-7089
column/02515

「洋食「ながおか」で 破れた衣の揚げ色がソソるカキフライ」への1件のフィードバック

  1. リンクありがとーございまーすヽ( ´ー`)ノ
    >威張ってて欲しい
    ホントですねヽ( ´ー`)ノ
    ブルーダイヤの広告に使いたいような暖簾が余りに気高いです。
    ”さくっ” 最近味わってないですー (T_T)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*