麺や「七彩」で 澄んだコク味スープにクニっと手揉み麺うまうま

shichisai.jpg 都立家政に降りるなんて一体何時振りだろう。 踏切を渡り、商店街をゆくと、 道路の右手に行列らしきヒトたちの姿が見つかりました。 その列の向かいにあるのが麺や「七彩」だ。 埼玉「むさし坊」出身のコンビが「無化調の喜多方ラーメン」に挑んで、本場を越えんとしているという。 いや~、楽しみ楽しみ(笑)。
今にもぱらぱらと雪の舞い始めそうに、ひたひたと冷え込む中、じっと待つ。 真夏の行列なんのその、その点冬場に並ぶのはなかなかツライやね。 shichisai01an.gifやっとこ辿り着いたカウンターの角から厨房を見るとそこでは、包むように押したり、引き揚げてばらしたりと麺を手揉みしている。 さてさて「七彩」の「喜多方らーめん」はというと、基本の「醤油味」にコクとキレの「塩味」。 そして、「冷やしらーめん」「鶏白湯つけ麺」とラインナップ。 お米にも玉子にも拘った「玉子かけご飯」なんてサイドメニューも気の利いたあたりが揃ってるね。 shichisai03.jpg塩か醤油か醤油か塩かと、待つ間にぐるんぐるん迷って出した答えは醤油味。 届けられたどんぶりは、「喜多方 ちゃーしゅーめん」中盛りです。 一見地味な色合いながら、何気にどんぶり全面を満たしている肉厚チャーシューは、見るからに柔らかく旨味をたっぷりと含んでいそうであります。shichisai04.jpg shichisai05.jpg透明感のあるスープをズズと啜れば、むほほほ、澄んだ味わいの中にとっぷりと深いコクがあって、気持ちまで温まる。 ほどよい魚介の風味が次へ次へと啜らせるのでありますな。 さっきの手揉みでよりクニク二の表情を増した麺がまたウマイ。もちっとしながら歯切れよく、粉の魅力も量感も伝えてくれる麺。喜多方の麺とはちょと違う路線のような、もしかしたらジロウのようでもあるような。好きだなこういうの。 shichisai06.jpgshichisai07.jpg こいつは、麺とスープとちゃーしゅーが同時になくなるような食べ方をしなくっちゃと、配分にも気をつけて食べ進む。 喜多方の当地で食べたラーメンはほんの数杯だけど、そのどれをも凌ぎそうな、淀みないくせに力強い仕立てに、いやはや大満足の完食shichisai08.jpgであります。
「七彩」 中野区鷺宮3-1-12 03-3330-9266
column/02507

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*