魚料理「魚こばやし」で 魴鯡えび芋白子ぶり大根鮟鱇いかの肝

kobayashi.jpg自由が丘の街の賑わいからはすっかり離れた、 最寄りとすれば九品仏の等々力通り沿い。 地元御用達とみられるお店がぽつぽつと見つかるその中の一軒。ひっそりとした表情の「魚こばやし」にお邪魔してみました。 通りの様子から一転して、店内は温かな臨場感に満ちていて、カウンターの大皿大笊に用意された食材を眺めるだけで期待が高まります。
お通しkobayashi01.jpgで麦酒で喉を湿らせつつ、ホワイトボード2枚分のこの日メニューに視線を泳がせる。 刺身はどうしよう、煮物焼物に野菜の肴たちはと迷う迷う。 まずは、「寒ぶり」「ほうぼう」を一緒盛りにしてもらいます。kobayashi02.jpg意外や脂ひかえめの寒鰤に対して、魴鯡のねっとりとした熟成感のある白身が魅惑的。 えび芋ってこんなにほっくりと旨味が濃いんだぁと思わず顔を見合す「えび芋と生たらこの炊き合わせ」や鱈の白子とろりんと解け蕩ける「白子のゆで上げ」。 kobayashi03.jpgkobayashi04.jpg 合わせるは、福井の「黒龍」本醸造を上燗で。 「ぶり大根」。kobayashi07.jpgああ、やっぱり大根の料理なんだと鰤の脂と香りを取り込んだ大根の甘さに思う。 例のコラーゲンチックなクニクニ食感が濃すぎず弱すぎずの味噌で仕立てられた「あんこう味噌煮込み」にしみじみ。 kobayashi05.jpgkobayashi06.jpg 視線の先の油鍋から、ジジジと音を立てて塊りが引き揚げられた。それが「おこぜの空揚げ」。 同じ「黒龍」でも、お燗専用だという大吟醸「九頭竜」のふっくらした奥行きを愉しみつつ、 突くは「するめいかの肝みそ鍋」。kobayashi08.jpgちょっと苦味を含んだ肝のコクと味噌のコクの中に、濃ゆい旨味を湛えていて、うへへ、堪らん(笑)。ゴハン貰えばよかったとちと後悔だ。 「平目の昆布じめ」「たら芽の天ぷら」「白味噌仕立てかき鍋」などなど、あとでお願いすれば、と思っていた酒肴が気づけばホワイトボードから削られている。シマッタ!と思っても後の祭り。 心残りではあるけれど、それも季節を追って日々変わる品書きとの一期一会の機微でもあるね。kobayashi09.jpg季節が変わるごとに訪れたい、「魚こばやし」の夜でした。
「魚こばやし」 世田谷区奥沢6-22-14 03-3703-1501
column/02506

「魚料理「魚こばやし」で 魴鯡えび芋白子ぶり大根鮟鱇いかの肝」への2件のフィードバック

  1. 黒龍でまったりという感じですか。
    えび芋はおいしいですよね。
    自由が丘は学生時代からテリトリーだったんだけど、
    JR沿線に移ってからめっきり行かなくなったなぁ・・・

  2. Re;ロレンスさま
    この翌日も「黒龍」呑みました(笑)。
    うん、えび芋は旨味が濃いぃくて、いいねいいね。これからもぽっつりぽっつり自由が丘にも足を向けようと思ってます。週末、「モンブラン」でパフェ食べよう(笑)としたら空席待ちがあるほど混んでてビックリでひた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*