ワインと炭火焼き料理「アンジェラ」で タンドリーチキンジューシー

angela.jpg昨年末にお邪魔したインド料理店「友人」と同じマンションにある「アンジェラ」でランチです。 鍛冶橋通りに面した斜め格子のファサードangela01.jpgが目印。 突出看板には、“ワインと炭火焼き料理、ときどきジャズを…”とある。 炭火焼き料理を軸にしてワインを愉しむお店でBGMはジャズ、なんてイメージすると、渋くて少し重厚なインテリアのお店を連想しますが、踏み込んだお店の雰囲気は、カフェ&バー的匂いもする装いangela02.jpgだ。
黒板にするランチは、「パスタランチ」か「アンジェラランチ」。 angela03.jpgこの日のパスタ、「たらのトマトソース」あたりで手を打とうかという思惑でいたものの、目の前のバットに用意された肉片を見て急遽路線変更。 この日の「アンジェラランチ」、「タンドリーチキン」をいただくことに。angela04.jpg さらっとしたドレッシングでサラダを平らげて、 チキンのプレートに臨みます。 angela05.jpg インド料理のスパイシーな所謂タンドリーチキンとは勿論違う、炭火焼きチキンは、ありきたりな表現だけど、香ばしい皮目とジューシーな身肉。angela06.jpg なるほど、これでフルボディな赤ワインを呑っちゃうのも悪くない。 今日のところは、パンをお代わりするまでにしとくけどね(笑)。 正午を迎えようとするあたりから、OLさんたちで席が埋まり始めた「アンジェラ」。 この立地で、この路線のお店が夜の部にどう支持されるか。少々心配ではありますね。 口関連記事:インド料理 「友人」八丁堀店 でどろ旨のサグプラウンカレー(07年12月)
「アンジェラ」 中央区八丁堀4-14-1 03-3523-7723 http://www.angela-tokyo.com/
column/02505

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*