揚子江ラーメン「林記」で 菊菜載るアジアンなワンタンメン

rinki.jpg「うどんでシメる!」と聞いてそのつもりになっていたら、「やっぱりラーメン!」と路線変わって兎我野町。 前を通る度に、そのうちにと思っていた「林記」は、 ピンクの看板がちょっぴり怪しい揚子江ラーメンのお店です。 揚子江ラーメンって、なんでしょね。
メニューを見ると、「ラーメン」から「特製排骨ラーメン」「揚焼きそば」「天津麺」「カレーラーメン」「アンカケチャンポン」「冷麺」までと、なんだかトリトメナイ感じ。 隣で口火を切った「ワンタンメン!」の声に乗じてみることにしました。 「あい、わんたんめぇん」と応えた後は、あちらの言葉で会話を交わす店員さんたち。

待つ間もなく、どんぶりがやってきました。rinki01.jpgとっても澄んだ塩味のスープとトッピングの春菊らしき葉っぱが印象的。

中華というよりは、どこかベトナムあたりのアジアンな麺からの派生も思わす表情だ。 rinki02.jpgrinki03.jpg 鶏がらメインと思われるスープは意外や薄っぺらではなくて、あっさりしつつも程よいコクがあり、中っ腹の酔っ払いにお似合いの滴。加水のない、啜る細麺の軽快さもスープによく合っている。 この葉っぱナニ?と訊くと、「きくなぁ」と応える。 やっぱり、菊菜=春菊ってことですね。 界隈に角田町(梅田のHEP FAIVEあたり)をはじめ、堂山町、神山町、天神橋などなどに「揚子江」と名のつくラーメン店がみつかる。 1964年創業とされる角田町のお店には「本店」の表記があるそうで、そのあたりがルーツと考えてもよさそうだけど、あっさりアジアンな仕立ての起源までは判らない。 店名を思うに、長江下流域に縁あるのヒトが興したと考えるとしっくりくるけど、どうだろね。


「林記」  大阪市北区兎我野町9-21[Map] 06-6365-1211
column/02500

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*