居酒屋「秋田屋」で 味わうたたきとにこみとたこやきとくさやと

akitaya.jpg久々にココの前を通りかかって、 店が仮囲いに囲われているのを見付け愕然としたのは、去年のことだったかな。 すっごくご無沙汰しているうちにこんなことになっていたとは~、と一瞬寂しい気持ちになったりもしたものでした。 今やとっくに改装なって、 以前と変わらない活況を呈しているという「秋田屋」に出撃してみました。
先ノリしてくれていたのは、つきじろうさん。 どこにいるかなと探す間もなく、煙幕煙る焼き台akitaya01.jpgの正面に佇む姿を見つけます。 akitaya02.jpg寒空の下、ビールケースで立ち呑みっつーのも乙なもの。 ビールを貰って、えっとーと壁の品書きを見るも、 煙でよく見えないや(笑)。
「なんこつ」の串akitaya03.jpgと、 これは先に注文んでおかないととひとり一本限定の「特製たたき」。 akitaya04.jpg粗く叩いたミンチとコキュっとした食感を添えるなんこつ、タレの味もなんだか深いのでありますな。
改めて「秋田屋」名物に頷いたところで、そうだ名物といえばと「にこみ」。 akitaya05.jpgやべ~な、うめぇ~な、たまらんな~(笑)。 ということで、もう既にお銚子をいただいております。
でも、これも名物と呼ぶべし、と思うのが「たこやき」。 え? あのまぁるい粉モンかって? いやいや、そのまま素直に蛸の足を焼いた串モノです。 akitaya06.jpg大振りな蛸の足に齧り付けば、ぶりっとした歯応えと身の甘さが堪能できるのです。 テキヤの兄さん方も烏賊焼いてないで蛸の足焼けばいいのにな、なんて思ってしまう(笑)。 akitaya07.jpg合流したromyさんと改めて乾杯。お猪口のピッチも上がってきた。 乙とか云いながらそろそろ寒かったりもして(笑)、店の中を物色してくれたつきじろうさんの先導で東京タワーを見上げながら、二階へ。 改装前、エレベーターなんかあったっけ?

お銚子を重ねて、「ねぎやき」に「ししゃもやき」。 調子に乗って、「くさやもいっときましょうー」とおかあさんにお願いすると、「大しかないけど、いい?」と仰る。小しかないなら分かるけど、大しかないって? よくワカンナイけど、ま、いっか(笑)。 akitaya08.jpgakitaya09.jpgakitaya11.jpg 新島直送の青ムロ鯵の「くさや」は、当然香ばしい。うんうん、旨臭い。 けど、おかあさん、やっぱりさすがにこんなに食べれないって(苦笑)。

振り返れば、東京タワーに並ぶ(?)ランドマーク、「秋田屋」。 akitaya10.jpg以前の様子の記憶は朧げながら、極力変わらないように十二分に配慮した改装計画だったンだと思うけど、どうでしょう。
口今宵のご同席多謝は、「春は築地で朝ごはん」のつきじろうさん「Tokyo Diary」のromyさんでした。お疲れサマでした~。
秋田屋」 港区浜松町2-1-2 03-3432-0020
column/02469

「居酒屋「秋田屋」で 味わうたたきとにこみとたこやきとくさやと」への4件のフィードバック

  1. 寒いなか、ご参加ありがとうござい~♪
    年の瀬、吹きっさらしの熱カンも悪くないっしょ!?
    新年もよろしくお願いでございます・・・☆

  2. Re;つきじろうさま
    ありがとうございました~。
    ええ、きゅきゅっと、ですね(笑)。
    また近くそんなところへ参りましょう。今年もよろしくお願いします。

  3. UP待ってました~
    やっぱり秋田屋は味があっていいですよね。
    改装後もイイ味キープしてると思いますよ、うん。
    寒空の下で見た、東京タワーを背景に賑わう秋田屋はなんとも風情があって良かったです。
    これも東京の一景ですね~。

  4. Re;romyさま
    大変遅くなりまして~(汗)。
    うん、ひとつひとつ素朴なのですけど、全品制覇したいような気になりました(笑)。
    右に東京タワー、左に月。一興なるシュチエーションの夜でしたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*