広島流お好み焼き「秀」で カキムニエルとオタフクな肉玉そば

hide.jpg

どうゆう訳か、プールに行った帰りに目に留まる「お好み焼き」の文字。 ひとひらの紅葉が舞うスタンドサインには「秀」とある。 大将が、秀さん、なのでしょうね。 以前も一度寄ったことがあるけど、今宵もビールが呼んでいるので仕方なく(笑)、 ちょっと秀さんのお世話になりましょうか。

L字にカウンターの回る、10脚ほどのこじんまりしたお店です。 棚には、広島カープに纏わるグッズがちらほら見つかり、「オタフクソース」の業務用パックがいくつもhide01.jpg並んでいます。 まずは、水分を欲しがっている身体にビールを補給して、広島の地御前産だという牡蠣による「カキのムニエル」を。hide02.jpg地後前というのは、宮島の対岸にある廿日市の漁場を指すという。 お好み焼きの生地に包んだ鉄板焼きなので、粉塗しと云えなくもないけど、ムニエルと呼ぶのかなぁなんて細かいことを一瞬思うも、ひと口噛んでハフハフっとしたら、そんなことどーでもよくなった(笑)。口惜しいけど(なにが)、うめぇなぁ。エキス滴る牡蠣も素敵だけど、ギュッと焼きつまった香ばしさもまた魅力で、ビールによく合うのですね~。
続いてお願いしたのが、広島名物と記された「とん平焼」。 豚バラ肉をシャッとソテーして、玉子と生地とで包んだオムレツ状にわらわらと鰹節が踊ってhide03.jpgいます。コテでスッと切った断面をみると、中身のほとんどが天かすに見えるけど(笑)、これはこれで、なんかいいなぁ。 hide04.jpg hide05.jpgウーロンハイに切り替えて、お好み焼きを「肉玉そば」に「もち」「ねぎ」のトッピングでお願いしました。 早速、鉄板の上が動き出す。 麺の周りをくるっと整えるようにコテを廻す所作が独特で面白い。 そして、この葱をこんもりと頂いた作品が今夜のメインディッシュです。 hide06.jpg シャクッとした生の葱の辛味がいいアクセントで、もったりした感じもなくいただける。うん、ほう。 そう云えば、以前「ネギ焼」hide07.jpgをいただいたときは、「オタフクソースが甘過ぎて、こりゃアカン」と思ったけど、今日はそんな厭な甘さは感じない。 見る限り、使っているのは以前と同じ普通のパッケージのオタフクみたいだけどなんでだろ、と卓上のソースを垂らして舐めたら、やっぱり甘いのね(笑)。 「秀」 品川区旗の台3-14-5 03-3785-8820
column/02451

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*