とんかつ専門店「銀座 にし邑」で ぐるりと囲む9つのカキフライ

nishimura.jpg今日も牡蠣を食べるぞっと、予てより通りすがりに目星をつけていたマガジンハウス裏手の「にし邑」へ。正午のカウンターは既に満席で、促されるまま奥のウェイティングベンチで待機。なかなか人気のあるお店のようです。中央で仕切るオバチャンは、「はいぃ~」を連呼。客ひとりひとりへの気配り目配りが感じられて悪い気はしないけど、もうちょっと穏やかなノリでもいいのかも(笑)。お願いしたのは、「カキフライ膳1.5人」。なはは、丸いお皿の中央に盛られた千切りキャベツをぐるりと囲むように9つのカキフライが置かれている。未知の光景だ。「塩とレモンかタルタルかソースか、お好みでどうぞ」。揚げ物に岩塩を用意してくれるのは嬉しいところ。ところが、いざレモン汁に塩を振ったものでフライをいただこうとすると、へろんと衣が剥がれてしまう。断面を拝もうとカジるとまたまたずるりと衣が剥がれる。うーむ。「にし邑」のカキフライは小振りなものでもあるので、添えられたタルタルでひとくちにイク、のが適切な食べ方のようです。具沢山の豚汁も嬉しい「銀座 にし邑」。とんかつのお味、そして衣はどうかな~。 「銀座 にし邑」 中央区銀座3-12-6 03-5565-2941
column/02426

「とんかつ専門店「銀座 にし邑」で ぐるりと囲む9つのカキフライ」への2件のフィードバック

  1. Re;takapuさま
    時代はカキフライ2.0。
    ぜひぜひ、注文してみてください。
    12個かな。注文できたか否か、報告待ってま~す(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*