居酒屋「新川河岸」で 倉橋島カキフライ軽妙に弾ける牡蠣魅力

shinnkawakashi2.jpgとあるパスタの新店を覗くも臨時休業で、 そうとなればちょっと前に牡蠣食べ放題を堪能したこちらで昼飯ということに。 店主を前にするL字カウンターでお願いするは、あの「倉橋島のカキフライ定食」です。 倉橋島というのは、広島県は呉市、瀬戸内に浮かぶ島。 牡蠣の産地として名のある広島の銘柄だ。 ま、食べてすぐさま産地が判る、謂わば”利き牡蠣”ができるわけでもないけどね(笑)。
やってきたお皿の盛り姿は、牡蠣3個の上に2個が載り、その脇にはたっぷりとタルタルという、およそカキフライにあるべきカタチであります。shinnkawakashi202.jpg中型サイズでぷっくりした牡蠣。衣はさっくりと軽い。 檸檬を絞り掛け、タルタルを擦り付けて齧る。 shinnkawakashi203.jpg 癖のない軽妙かつ確実に弾ける牡蠣の魅惑に、 ご飯とのローテーションが止まらない。 スタンダードではあるけれど、ソースはもとより、醤油さえも要らないとする食べ方がマッチする。 うんうん、であります。

大箱にランチ客が回転する「新川河岸」。 shinnkawakashi201.jpg カキフライは一日に何食出るのかな。 口関連記事:  居酒屋「新川河岸」で 厚岸牡蠣食べ放題生牡蠣フライうどんまで(07年10月)


「新川河岸」  中央区新川1-8-6[Map] 03-3553-9639
column/02402 reprise01

「居酒屋「新川河岸」で 倉橋島カキフライ軽妙に弾ける牡蠣魅力」への2件のフィードバック

  1.  おぉぉぉぉ!!!!
     
     グッドルッキングなフライドオイスターズ!これは、ランチにも食べたいデース。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*